SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

板金加工の基礎

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!


さっそくですが、SUS304やSUS430というのはステンレスのことを言います。

記事のタイトルを見た時、この記号のようなものがステンレスのことだと知っている人はどれほどいらっしゃるでしょうか。

製造業にたずさわる人でない限り、この英語と数字を見てパッと想像がつく人は少ないかもしれませんね。

今回の記事ではそんな不可解なアルファベットや数字の意味も含めて、ステンレスについて細かく解説していきたいと思います。

ステンレスの加工についてはこちら!

【ステンレス加工】ステンレスの加工方法や加工実績について徹底解説!

迅速見積もり回答ならMitsuri

即日見積もりを取るならぜひ、Mitsuriにお任せください!

Mitsuriなら、全国の協力工場に、1クリックで見積もり依頼を出すことができます。協力工場は全国に140社あり、最短2時間〜複数のお見積りを取ることが可能です!

さらにMitsuriには多数の加工実績があるため、安心して依頼できるんです。

  • 「どうしても今日中に見積もりが欲しい…」
  • 「迅速に複数社から見積もりをとりたい…」

等お見積りでお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!

SUS304,SUS430とは?

冒頭でも話した通り、SUS304やSUS430とはステンレスのことです。

ステンレスというのは台所の洗面台やスプーン・フォークなどに使われる銀色の金属のことですね。

ステンレスは同じような意味でステンレス鋼とも呼ばれ、日常的に私たちの生活に役立てられています。

スプーンやフォークから想像しやすいと思いますが、ステンレスは錆びに強いため、水回りの製品に使われることが多い金属です。

普通金属は、水や空気に触れるとすぐに腐食していく錆に弱い性質を持ちますが、溶かした鉄にクロムやニッケルなどの錆に強い金属を混ぜることで錆びにくい合金鋼(ごうきんこう)になります。

ステンレスは混ぜられる金属の種類や量によって特徴や性質が変わり、その種類はなんと200種類以上にも及びます。

その中でもSUS304は最もよく使用されており、世界中で使われているステンレスの約7割がSUS304の種類だったりします。

引用元:リフォームのことならリノコ 楽天市場

ではここからは、もっとかみ砕いて説明してきましょう。

まずはSUSと番号の意味から。

SUSとは、『Steel Use Stainless』というステンレスを英語で表記した時の頭文字です。

読み方はSUS304(サスさんまるよん)、SUS430(サスよんさんまる)、単純に数字だけで「さんまるよん」と略して呼ぶこともありますね。

そして、番号の方はステンレスの種類を表します。

ステンレスの番号はそれぞれ下3桁の数字で種類が分別されており、300番台が『オーステナイト系』、400番台が『フェライト系』か『マルテンサイト系』のステンレスに分類されています。

SUS304は300番台なのでオーステナイト系のステンレス にあたりますね。

400番台はマルテンサイト系もありますが、SUS430の種類はフェライト系のステンレスになります。

その中でもSUS304はオーステナイト系の代表格で、SUS430はフェライト系の代表格と言われています。

SUS304については先に述べましたが、SUS430も代表格と言われるだけあってそれだけよく使われている種類ということですね。

以下はステンレスの種類のおおまかな分類です。

ステンレスの種類

200番台・・・(Cr-Ni-Mn系)オーステナイト系ステンレス鋼

300番台・・・(Cr-Ni系)オーステナイト系ステンレス鋼

400番台・・・(Cr系)フェライト系およびマルテンサイト系ステンレス鋼

600番台・・・(PH系)析出硬化型ステンレス鋼

オーステナイト系やらフェライト系やらの分類の違いは、どの種類の主要元素が入ってるかで変わります。

主要元素とはクロム(Cr)ニッケル(Ni)などの鉄に混ぜられる金属のことです。

300番台のオーステナイト系はクロムとニッケルが入っており、400番台はクロムのみが入っています。

基本的にクロムのみのSUS430よりも、クロムとニッケルが混ぜられたSUS304の方が高価で優秀です。

さすが世界の7割が使っているだけあって、やはりSUS304は使い勝手がいいんですね。


そんな非常に有用なSUS304・SUS430についてこんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

「SUS304・SUS430の切断、曲げ、溶接、表面処理などの加工を依頼したいけれど、初めてでどこに頼めばいいかわからない……」

「SUS304・SUS430を使用した試験品を製造したいけど、小ロットでの発注を断られてしまった……」


そのお悩み、Mitsuriなら解決できます!


Mitsuriでは、SUS304・SUS430加工を専門にしている工場の一括見積もりを取ることができます。小ロット個人での加工依頼OKの工場に絞って見積りすることも可能です。試作も大歓迎です!

Mitsuriの協力工場は全国に100社あり、多数のアルミ加工実績があるため、安心して依頼できるんです。

SUS304・SUS430の加工でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!

SUS304とSUS430の特徴

SUS304とSUS430はどちらも優秀で代表的なステンレス素材ですが、違う種類と定められているだけあってやはり性質や性能には違いがあります。

同じステンレスでも結構違いがあるので、どう違うのか一つ一つ見ていきましょう。

耐熱性

SUS304もSUS430もどちらも優れた耐熱性を持っていますが、SUS304の方が高い耐熱性を持っています。

特にSUS304は熱伝導率が低く保温効果があるのでなかなか熱を逃がしません。

そのため、温かい飲み物を入れても冷めにくくしたい、水筒やコップを作るのに適しています。

耐食性

耐食性とは腐食のしにくさ、金属で言うと錆びにくさを表します。

ステンレスは元々錆びにくい性質を持つため、耐食性でもSUS304、SUS430と共に高い耐食性を持ちますが、こちらもSUS304の方が優れています。

ニッケルには耐食性を高める役割があるので、それが含まれるオーステナイト系のステンレスがより錆びにくくなります。

強度

強度もSUS304が勝ります。

ニッケルを混ぜると強度が高くなる働きもあるため、クロム単一のフェライト系はどうしても劣りますね。

ただし、加工硬化という現象により、一度加工することで強度は上がるものの、ステンレスが硬くなって次の加工がしにくくなるというデメリットもあるため、加工する際には留意する必要があります。

磁性

オーステナイト系のSUS304は磁石にくっつかず、フェライト系のSUS430はくっつきます。

これはオーステナイト系とフェライト系の原子の構造に違いがあり、オーステナイト系は磁性を打ち消し合う構造になっているためです。

もともと鉄やクロム、そしてニッケルにも磁性があるものの、ニッケルは混ぜることにより構造が変化して、原子が磁石を打ち消し合う向きに並んでしまうんですね。

ですが、一部の種類は加工の仕方により磁性を持つものも存在します。

値段

性能が高いだけあってSUS304の方が値段が高くなります。

ニッケルが高価な素材であるため、その分がかさ増しされる感じですね。

文章で説明したうえではSUS430がずいぶん劣っているようになってしまいましたが、実際にはそんなことありません。

SUS430も耐久性にも加工性にも優れ、コストも安いので非常に使いやすい素材です。

特に日本ではフェライト系ステンレスの普及や研究も進んでおり、従来ではオーステナイト系でないとできなかった複雑な加工ができるようになってきています。

フェライト系で代用できるようになればコストが安い分、経営的に大助かりですので、将来的にはフェライト系が主流になっている未来もあるかもしれません。

SUS304とSUS430の使い分け・用途

SUS304もSUS430も優秀なだけあって非常に幅広い分野で使われています。

ステンレスは重すぎず軽すぎず、丈夫さもそこそこある大変使い勝手の良い金属なので、身近な小物から想像以上に大きな産物にもなっていたりします。

SUS304

SUS304は優秀がゆえに役割も非常に重大です。

高い耐熱性・耐食性そして丈夫さから、原子力機器や化学プラント設備などの重要な工業設備、私たちの身近なところでは、エレベーターの横の銀板や電車の外板などでも使用されています。

さらに熱伝導率と保温性、衛生面の良さから食品を多く取り扱う工場や飲食店でも採用されており、私たちが生きるためになくてはならない存在となっています。

また、SUS304はいろいろな方法で加工でき、その加工のしやすさから複雑な形状の製品も作り出すことができます。

引用元:有限会社 荒木溶接工業所 株式会社イツワ工業

画像のような曲がりくねった製品も加工性の良いSUS304であれば製造が可能です。

身近なところでも縁遠いところでも、SUS304は世界中の端から端まで活躍しているんですね。

SUS430

フェライト系ステンレスは水回りの製品に使われていることが多い素材です。

主にスプーンやフォークといった台所製品や業務用冷蔵庫や大きな鍋などの厨房製品、そしてポットや洗濯機などの家庭用電化製品。

さらには自動車の排気管や建物の屋根など建築・土木の分野でも活用されています。

錆びにくいため、いくら雨が降っても問題ないということですね。

有名なところでは、プロ野球のオリックスバッファローズの本拠地である大阪ドームの屋根がフェライト系のステンレスを使っています。

引用元:Wikipedia

ステンレスは鉄ほどに重く硬くなく、アルミほど軽く柔らかくないバランスの取れた金属です。

食器やおたまなどの小物から電車の外板やドームの屋根のような大きな物まで多彩な使われ方をしています。

重さが手ごろで耐久性、耐食性があり、金属としての寿命が長いステンレスならではの活用の広さと言えるでしょう。

その使い勝手の良さから、これからもますます新しい製品が生み出され、私たちの暮らしの役に立つでしょう。

ステンレスに関する記事はこちら

【ステンレス溶接】溶接方法を製品事例を交えて徹底紹介!!

ステンレスのレーザー加工ならMitsuri!依頼先でお困りならご相談ください!

ステンレスのレーザー 加工ならMitsuri!【協力工場140社以上】最適な工場をご紹介します!

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

迅速見積もり回答ならMitsuri

即日見積もりを取るならぜひ、Mitsuriにお任せください!

Mitsuriなら、全国の協力工場に、1クリックで見積もり依頼を出すことができます。協力工場は全国に140社あり、最短2時間〜複数のお見積りを取ることが可能です!

さらにMitsuriには多数の加工実績があるため、安心して依頼できるんです。

  • 「どうしても今日中に見積もりが欲しい…」
  • 「迅速に複数社から見積もりをとりたい…」

等お見積りでお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!




この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
関連記事
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。

Twitter
Facebook
Instagram
YouTube

前の記事

住宅にも使用されている!建築板金の特徴と活用部材6種を特集

次の記事

第1回 溶接加工とは?代表的な種類とメリット・デメリットを解説

カンタン
見積り依頼