— シェアする —
facebookTwitterlink

SUS430(ステンレス鋼)成分、磁性、加工性

フェライト系ステンレス | 2021年04月22日

facebookTwitterlink

SUS430は、フェライト系ステンレスの代表的な材料です。クロム(Cr)を16~18%含むことから、18Crステンレス(18クロムステンレス)と呼ばれています。

レアメタルで高価な材料であるニッケル(Ni)を含まないため、安価で手に入れられるほか、耐食性に優れているので、幅広い用途で使われています。

ただしSUS430は、焼入れで硬くすることができません。また、475℃付近の高温状態が続くと、硬さが向上する代わりに延性と靭性が低下する、「475℃脆化」を起こすため、溶接する際は注意が必要です。

参考:【SUS(ステンレス)種類と見分け方】用途・特徴を専門家が徹底解説!

参考:SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS430の化学成分

  • <SUS430の化学成分(単位:%)>

種類の記号

C

Si

Mn

P

S

Cr

Mo

N

Al

SUS430

0.12

以下

0.75

以下

1.00

以下

0.040

以下

0.030

以下

16.00~

18.00

-

-

-

※Niは0.60%を超えてはならない。

引用元:JIS G 4303:2012

SUS430は、マルテンサイト系ステンレスより、クロム(Cr)の含有率が比較的高い材料です。耐食性は、オーステナイト系ステンレスに劣るものの、マルテンサイト系ステンレスよりは優れています。

また、耐高温腐食性に優れているほか、腐食環境下で材料に亀裂が入る「応力腐食割れ」が発生しにくいのも特徴です。

SUS430の磁性の強さ、用途

フェライト系ステンレスであるSUS430は、強い磁性を持ちます。一般的にオーステナイト系ステンレス以外(フェライト系・マルテンサイト系など)の種類は磁性を持つので、ステンレス鋼の種類を判別するために磁石を使うことがあります。

SUS430は安価かつ、耐食性や耐熱性のある材料のため、主にスプーンやフォークといった日用品や、冷蔵庫などの家電部品、厨房機器などの用途に使われています。

SUS430の機械的性質(加工性)

  • <SUS430の焼きなまし状態の機械的性質>

種類

耐力

Mpa

(N/mm2)

引張強さ

Mpa

(N/mm2)

伸び絞り硬さ
HBW

HRBS又はHRBW

HV

SUS430

205以上

450以上

22以上

50以上

183以下

90以下

200以下

引用元:JIS G 4303:2012

SUS430は、フェライト系ステンレスのなかでは、引張強さの数値が高い材料です。ただし、引張強さと伸び率はSUS304に劣ります。オーステナイト系ステンレスのように変態も発生しない材料のため、加工しやすい特徴があります。

facebookTwitterlink
この記事を書いた人
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

facebook followtwitter follow
おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2021年02月22日
SS400とS45Cの違いを徹底解説【専門家が語る】製品による使い分け

SS400とS45Cの違いを徹底解説【専門家が語る】製品による使い分け

2019年07月29日
関連記事
  • フェライト系ステンレス鋼の基礎知識まとめ
    • フェライト系ステンレス
    フェライト系ステンレス鋼の基礎知識まとめ
    2021年02月19日
  • SUS410(ステンレス鋼)機械的性質、硬さ、切削性
    • SUS410
    • ステンレス
    SUS410(ステンレス鋼)機械的性質、硬さ、切削性
    2020年11月14日
人気記事ランキング