— シェアする —
facebookTwitterlink

SKD11とは?硬度、成分、規格、処理、加工方法まとめ

特殊鋼 | 2021年09月01日

facebookTwitterlink

SKD11は、プレス加工の金型などに用いられている合金工具鋼です。

金型は、特定の部品や製品の型となる工具のことで、金属材料などを強い圧力で挟み込むことで成形します。そのため、金型の材料には、強度や耐摩耗性、形状不変性などが必要であり、SKD11はこれらの特性に優れています。

しかし、SKD11の高い強度や耐摩耗性は、焼き入れを施さないと得られません。さらに、SDK11は、焼き入れ後に難削材となってしまうなどの取り扱いの難しさもあります。

この記事では、SKD11とはどのような合金鋼なのかというところから、用途、特徴、規格、物理的・化学的性質、熱処理の詳細、加工方法などについて解説していきます。

SKD11とは

SKD11とは、炭素工具鋼にクロムやモリブデン、バナジウムを添加した合金工具鋼のことです。0.55〜1.50%の炭素を含有し、ケイ素とマンガンの含有量を調整した炭素工具鋼に、各種元素を添加して性質の向上を図ったものです。耐摩耗性に優れ、熱処理歪みが少なく、熱処理によって硬度を上げることができます。JIS規格(JIS G 4404:2015)に規定されている鋼材で、冷間金型用として分類されていることからダイス鋼とも呼ばれます。

なお、SKDは、「Steel Kougu Dice」の略で、「Steel」は鉄鋼、「Kougu」は工具、「Dice」は金型を意味します。また、SKD11の「11」には、特に意味はなく、開発された順序を示しているようです。

冷間金型用として主流の鋼材で、多くの鉄鋼メーカーからDC11(大同特殊鋼)やSLD(日立金属)などといった相当材が販売されています。さらに近年では、SKD11を改良したDC53(大同特殊鋼)やSLD8(日立金属)などの合金工具鋼が数多く開発されています。

参考:【金型製作】金型の種類と基礎や流れについて徹底解説!!

SKD11の用途

SKD11は、主にプレス機械などの中量から多量生産用の金型に用いられていますが、以下のような用途にも使われています。

・転造ダイス…転造盤用の金型のことです(下図参照)。SKD11の高い硬度と優れた耐摩耗性から、SKD11が転造ダイスの材質に選ばれることがあります。なお、転造は、圧力を加えながら転がすことで円筒状の金属材料を成形する加工法で、ネジのネジ山の成形などに用いられます。

引用元:工具「C131647 転造丸ダイス 田野井 9M1H/8」小林機械株式会社

・フォーミングロール…ロール成形用の回転工具のことです(下図参照)。硬度や耐摩耗性が必要であるため、材質にSKD11が選定されることがあります。なお、ロール成形は、帯状の鋼板を複数のフォーミングロールが組み込まれた機械に通すことで成形する加工法です。

引用元:お知らせ「第20回 機械要素技術展に出展しました。」株式会社英田エンジニアリング

・シャー刃…鉄板などの切断に用いられる切断機(シャーリングマシン)の刃のことです。SKD11は、焼き入れによって高い硬度が得られ、精度も維持できることから、シャー刃の材質に適しています。

・治具…耐摩耗性が必要な治具の材料にSKD11を用いることがあります。

・ゲージ…製品の検査工程で形状や精度などを検証するために用いられる測定ゲージ・検査ゲージのことです。SKD11は、摩耗に強い上に、形状が変化しにくく、耐食性も比較的高いことから、各種検査ゲージの材料に用いられます。

・金属刃物…SKD11は、包丁の刃金の部分に使用されることがあります。刃金とは、包丁の芯となり、刃となる部分のことです。SKD11を刃金に用い、それをサビに強く、安価なステンレス鋼で挟み込んだものが多く流通しています。

参考:プレス金型とは?金型の機能・名称に関しても解説!

SKD11の特徴とメリット・デメリット

SKD11の特徴は、上述したように、高硬度と優れた耐摩耗性です。ただし、これらの特徴は、熱処理を加えることで現れるため、成形加工後に焼き入れ焼き戻しを行うのが一般的です。

SKD11を用いるメリットとしては、以下が挙げられます。

●SKD11を用いるメリット

・耐摩耗性に優れる

・熱処理後には、HRC58~63程度の高い硬度が得られる

・熱処理後の変形が小さく、精密な製品の材料に適す

・冷間金型の材料の中では、流通性が良く、入手しやすい

・冷間加工用であるものの、熱間強度が高く、500℃程度までなら使用に耐えうる

比較のため、他の金属材料の硬度を挙げると、SUS304がHRC11(HV200)、焼きならし後のS45CがHRC4.63〜20.64(HBW167〜229)、焼き入れ焼き戻し後のS45CがHRC13.5〜27.71(HBW201~269)、焼き入れ焼き戻し後のSUS440CがHRC55〜61程度となっています。

一方、SKD11を用いる際のデメリットとしては、以下が挙げられます。

●SKD11を用いるデメリット

・熱処理後の硬度が高く、被削性が悪い

・熱処理前も、硬度(焼きなまし硬さ)がHRC25(HBW255)程度と比較的高く、被削性が良いわけではない

・熱処理後には、金属組織に粗大な炭化物が分散して、高速の摺動摩耗に弱くなる

・粗大な炭化物の存在によって被削性がさらに低下する

・粗大な炭化物の存在によって靭性が低下し、亀裂や割れが生じやすくなる

・溶接時に割れが生じやすく、350〜450℃程度の予熱と後熱が必要

・焼き入れ温度が1030℃程度と高い

・焼き入れ温度と焼き戻し温度によって硬度が変化するため、熱処理時には、適切な温度管理を要する(下図は焼き入れ温度975℃・1000℃・1025℃・1050℃の焼き戻し硬さ曲線)

引用元:F-SDK11 テクニカルデータ「熱処理特性」双葉電子工業株式会社

SKD11の性質

物理的性質

比重

密度

(g/cm3)

熱伝導率

(W/mK)

熱膨張係数

(×10-6/℃)

20〜100℃

縦弾性係数

(GPa)

磁性

7.80

7.80

26.1

12.0

207

あり

参照元:特性「物理的性質」株式会社 シリコロイラボ

SKD11の物理的性質は、上表の通りです。

SKD11は、密度や縦弾性係数(ヤング率)の値について、SS400やS45C、SUS304と大きな違いはありません。一方、SKD11の熱伝導率については、SS400の58W/mKやS45Cの41W/mKと比べると低く、SUS304の16W/mKと比べると高くなっています。熱膨張係数については、SS400やS45Cとほぼ同等の値で、SUS304の17.2×10-6/℃と比べると若干低目の値です。

このように、SKD11の高温特性は、優れた耐熱材料であるステンレス鋼に近く、熱膨張係数についてはSUS304よりも低いことから、温度変化に対する形状変化も小さくなっています。そのため、プレス機械の金型などに用いる場合でも摩擦熱の影響を受けにくく、また検査ゲージなどの形状不変性が要求される材料に適しています。しかし、熱伝導率の低さから、切削加工に伴う熱が拡散しにくく、切削工具が損傷しやすくなります。

化学的性質

(単位:%)

炭素

ケイ素

マンガン

リン

硫黄

クロム

モリブデン

バナジウム

C

Si

Mn

P

S

Cr

Mo

V

1.40〜1.60

0.40

以下

0.60

以下

0.030

以下

0.030

以下

11.00〜13.00

0.80〜1.20

0.20〜0.50

SKD11の化学成分は、JIS規格(JIS G 4404:2015)で規定されており、上表の通りとなっています。ただし、SKD11の化学成分の注意点として、タングステン(W)は意図的に添加してはなりません。また、上表に記載の化学成分以外の含有元素は鉄(Fe)であり、その含有量はおよそ83.4〜86.6%です。

SKD11は、クロムを11~13%含有しており、そのクロム含有量はマルテンサイト系ステンレス鋼と同程度です。しかし、ステンレス鋼は、クロム含有量が10.5%以上で炭素含有量が 1.2%以下の鉄鋼のことなので、炭素含有量が1.2%超のSKD11はステンレス鋼に分類されません。また、ステンレス鋼の耐食性は、クロムの存在によって実現されているため、SKD11も比較的耐食性に優れていますが、炭素含有量が多いため、ステンレス鋼ほどの耐食性はありません。

その一方、SKD11は、炭素含有量が多い分、硬度が高くなるとともに、焼き入れ性が良くなっています。さらに、モリブデンの添加は、耐摩耗性や焼入硬化性の向上に、バナジウムの添加は、耐摩耗性の向上に寄与しています。

SKD11の硬度

ここでは、SKD11の熱処理前と熱処理後の硬度についてご紹介します。

参考:鋼の性質を変える【熱処理】とは?仕組みや種類について徹底解説!

焼きなましの熱処理温度と硬度

焼きなまし

焼きなまし硬さ

温度

冷却方法

HRC

HBW

HV

830〜880℃

徐冷

25.33以下

255以下

268以下

上表は、JIS規格にて規定されているSKD11の焼きなまし条件と焼きなまし硬度です。SKD11は、通常、鉄鋼メーカーにより焼きなましを行った後の状態で出荷されるので、金属加工メーカーにとっては、上表の硬度が熱処理前の硬度となります。

なお、焼きなましとは、鉄鋼を高い温度で維持することによって、金属組織を均一化するとともに、鉄鋼を軟らかくし、加工しやすくする熱処理のことです。また、上表の冷却方法にある「徐冷」は、炉の停止後も鉄鋼を炉内に入れたままにし、炉が冷えるのに合わせて鉄鋼を冷却する方法です。

焼き入れ焼き戻しの熱処理温度と硬度

焼き入れ

焼き戻し

焼き入れ焼き戻し硬さ

温度

冷却方法

温度

冷却方法

HRC

HBW

HV

1030℃

空冷

180℃

空冷

58以上

615以上

653以上

上表は、SKD11に対して、焼き入れ及び焼き戻しを行った後のJIS規格にて規定されているSKD11の硬度です。SKD11は、通常、成形加工後に熱処理を行うことから、上表の硬度が加工品の使用時の硬度となります。

なお、焼き入れは、鉄鋼を硬くするため、焼き戻しは、鉄鋼の硬度を調整して靭性を高めるために行われる熱処理のことです。また、上表の冷却方法にある「空冷」は、炉の停止後、鉄鋼を炉から取り出して、常温の空気中で冷えるのを待つ方法です。

近年では、熱処理後のSKD11に放電加工などを行うことがあることから、様々な条件で熱処理を行うことが多くなっています。

例えば、焼き入れでは、以下のような熱処理条件が採用されています。

●焼き入れの熱処理条件

・980〜1010℃ 油冷

・1010〜1030℃ 油冷

・1000〜1030℃ 空冷

・1030〜1050℃ 空冷

油冷は、炉の停止後、鉄鋼を炉から取り出して、油中で冷却する方法です。空冷と比較すると、迅速な冷却が可能で、硬度が高くなりますが、靭性は低くなって割れやすくなり、熱処理歪みも大きくなる傾向があります。また、焼き入れ温度によっても、鉄鋼の性質は変わります。焼き入れ温度が高いほど、焼き戻し後の硬度が高くなりますが、靭性は低くなり、熱処理歪みも大きくなります。

焼き戻しの熱処理条件によっても、下表のように鉄鋼の硬度は変わります。

焼き戻し

焼き入れ焼き戻し硬さ

温度

冷却方法

HRC

HBW

HV

150〜200℃

空冷

60〜63

654 〜 705

697 〜 772

200〜250℃

57〜60

595 〜 654

633 〜 697

500℃以上

57以下

595以下

633以下

焼き戻しは、焼き入れとは逆に、焼き戻し温度が高いほど、硬度や耐摩耗性は低下し、代わりに靭性が向上します。

加工方法

SKD11の代表的な加工方法は、切削加工と放電加工です。

切削加工

SKD11は、熱処理前に切削加工で成形し、熱処理後に研削加工で仕上げを行うという方法がよく採用されます。

SKD11は、熱処理前でも、S45Cなどの炭素鋼よりも被削性に劣りますが、切削加工が難しいわけではありません。一方、熱処理後は、硬度が高くなるため、切削加工を行うのは困難です。そのため、熱処理前の切削加工によって、成形を完了させてしまうことがよくあります。

しかし、熱処理によって変形が生じることがあるため、高い精度が必要な場合は、熱処理後に研削加工などで仕上げを行います。ただし、熱処理後のSKD11は、研削加工も困難であるため、熱処理後の加工が最小限となるよう、熱処理前の切削加工をしっかり行っておくことが重要です。

放電加工

SKD11は、放電加工による変形が少ないために放電加工の加工性が良く、熱処理後の加工方法として放電加工がよく採用されます。

放電加工は、材料と電極との間でアーク放電を発生させ、材料表面を溶かして除去することで成形する加工法です。硬度によらない加工法であるため、高硬度である熱処理後のSKD11でも問題なく加工することができます。

ただし、放電加工を行う場合は、150〜200℃の焼き戻し(低温焼き戻し)ではなく、500℃以上の焼き戻し(高温焼き戻し)を行うことが推奨されます。それは、低温焼き戻しでは、焼き入れによって金属内部に生じた炭化物や応力などが多く残留し、炭化物や残留応力が放電加工による熱影響を受けて亀裂や変形の原因となることがあるからです。しかし、高温焼き戻しを行う場合は、硬度がHRC57以下と低いため、加工品の寿命が短くなるという欠点もあります。

参考:放電加工(EDM)の基礎知識(原理、メリット・デメリット、電極)

表面処理方法

SKD11には、表面特性を向上させるため、めっきや表面改質熱処理を適用することがあります。

めっき

SKD11は、クロムをマルテンサイト系ステンレス鋼と同程度含有しているので、SS400やS45Cと比べると、錆びにくい材質です。しかし、炭素量が1.4~1.6%と高いことから、ステンレス鋼ほどの耐食性はなく、めっきなどによって防サビ対策を取ることが推奨されます。

SKD11に対しては、硬質クロムめっきを施すことが多く、このめっきによって耐摩耗性の向上なども期待できます。

参考:クロムメッキとは【中の人が解説】特徴や加工方法について詳細をお伝えします!

熱処理

SKD11には、さらなる硬度や耐摩耗性を得るためや高温焼き戻しによる硬度の低下を補うために、以下のような表面改質熱処理を行うことがあります。

・窒化処理…高温焼き戻し温度程度まで加熱した窒素またはアンモニアガスの雰囲気中にSKD11を保持することで、表面に窒素を浸透させて、表面を硬化します。HV1000以上の表面硬さも実現可能な方法です。

・PVD(物理蒸着)…真空中で高温焼き戻し温度程度まで加熱した成膜物質(窒化チタンなど)を付着させて、SKD11の耐摩耗性や耐食性の向上を図る方法です。

・CVD(化学蒸着)…真空中または大気中で焼き入れ温度程度まで成膜の元となる物質を加熱し、化学反応を励起・促進してSKD11表面に薄膜を形成する方法です。この方法もまた、耐摩耗性や耐食性の向上が期待できます。

ただし、これらの方法では、SKD11を高温に暴露することになるため、熱による変形などに注意する必要があります。

facebookTwitterlink
この記事を書いた人
<a href="https://catallaxy.me/" class="u-link-theme">株式会社Catallaxy</a>

株式会社Catallaxyは "未来の製造業をつくる" をミッションに掲げ、製造業における従来のサプライチェーン/バリューチェーンの刷新を目指しています。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

facebook followtwitter follow
おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2021年02月22日
SS400とS45Cの違いを徹底解説【専門家が語る】製品による使い分け

SS400とS45Cの違いを徹底解説【専門家が語る】製品による使い分け

2019年07月29日
関連記事
  • FC250とは?特徴、規格、性質、成分まとめ
    • FC250
    • 特殊鋼
    FC250とは?特徴、規格、性質、成分まとめ
    2021年08月30日
  • NAK55の特徴、性質、成分、処理、加工方法まとめ
    • NAK55
    • 特殊鋼
    NAK55の特徴、性質、成分、処理、加工方法まとめ
    2021年08月26日
  • SKD61とは?性質、用途、処理、加工方法まとめ
    • SKD61
    • 特殊鋼
    SKD61とは?性質、用途、処理、加工方法まとめ
    2021年08月25日
人気記事ランキング