IoT時代のPLMとは?製品ライフサイクル全体を管理する

PLMは、「Product Lifecycle Management」の略で、製品ライフサイクル管理を意味します。PLMは、企画から開発・設計、生産、販売、廃棄までの一連のプロセスを統合的に管理する仕組みを指し、製品による利益を最大化する目的で、自動車産業や電機産業など、さまざまな分野において利用されています。

PLMとは?基礎解説

PLMは、「企画→開発→設計→生産→販売→メンテナンス→廃棄」という製品ライフサイクルの一連の流れにおける情報を管理することができるシステムです。PLMシステムには、下表に示すような、製品のライフサイクル全体を通して必要となるデータ作成機能や管理機能などが搭載されています。

<PLMが備える主な機能>

工程 主な機能
企画 製品ポートフォリオ管理、予算編成、要件管理
設計 製品設計、型設計、モデルベースシミュレーション、CADなどのデータ管理、設計部品表(BOM)管理、原価管理、開発スケジュール管理
調達 取引先情報管理、購買部品管理、提案・見積管理
生産準備〜生産 型加工、設備設計、製造部品表(BOM)、製造工程表の管理、時間管理、製造データの管理、作業指示書
メンテナンス 部品管理、保守・修理の管理

このように、PLMを導入し製品の情報を一元管理することで、各部門における情報の共有が効率化され、結果的にQCD(Quality(品質)・Cost(コスト)・Delivery(納期))の向上につながります。

PLMとPDMの違い

PLMと類似している概念にPDM(Product Data Management)があります。PDMは「製品情報管理」を意味しており、CADや部品表(BOM)などの開発・設計に関するデータを管理するシステムを指します。前述した通り、PLMでは製品ライフサイクル全体の情報を管理するのに対し、PDMでは開発・設計に関するデータのみを対象として管理します。ただし、製造業では開発・設計業務と生産業務は連携して情報を共有することが望ましいことから、PLM製品にPDMの機能が付帯されていることもあります。

参考:BOM(部品表)とは?例と種類・用途

PLMのメリット

PLMを導入し、製品ライフサイクルにおける各プロセスの情報を関連付けて一元管理することにより、各工程での作業効率がアップします。業務の効率化、製品情報の共有化が進むことによって、業務時間の短縮によるコスト削減、品質の向上、製品開発リードタイムの短縮などが可能となります。コストの削減に加え、製品開発リードタイムが短くなり市場投入までの期間を短縮することで、利益の最大化が期待されます。

参考:製造業の生産リードタイム基礎知識

IoT時代のPLM

近年、製造業においてIoT(Internet of Things、モノのインターネット)の導入が進んでいます。しかし、現状は多くが設備や製造工程に限定して使用されています。こうした中で、IoT技術のPLMへの応用が期待されています。例えば、工場の生産現場で取得した情報を設計情報と合わせて活用することで、PLMへの応用・適用が進み、新たな方法での在庫や原価の管理、品質管理が可能となるでしょう。その他にも、IoT化された製品を使用するユーザーから得られたデータを設計に反映することで、PLMを最適化し、利益をより増大させられる可能性もあります。このように、IoT時代におけるPLMでは、IoTによって得られるビッグデータを、設計など製品ライフサイクルにおける各プロセスへとフィードバックすることが求められています。

参考:【イベント】「AI/IoTでささえる、かがやく子どもの未来」から学ぶ、未来創造のための技術活用

 

「工場の生産性を上げたい」

「生産性を上げたいが自社に合う手法を見つけ切れていない」

そのような工場に向けてMitsuriではデジタルツールで省人化やDX化、生産性向上など、未来への準備をお手伝いしています。詳しくは下のボタンから!

メルマガ購読

Intuit Mailchimp

カテゴリ一覧