— シェアする —
facebookTwitterlink

ISO14001とは【入門】わかりやすく解説

品質管理 | 2021年06月11日

facebookTwitterlink

ISOとは、国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略称で、この組織によって定められた規格を「ISO規格」と言います。代表的な規格として、ISO9001(品質に関する規格)とISO14001(環境に関する規格)が挙げられます。

ISO14000シリーズは、環境マネジメントシステム、環境監査、環境パフォーマンス評価、環境ラベル、ライフサイクルアセスメントなどの規格から構成されます。中でも、中心となるのが「環境マネジメントシステムの仕様」を規定しているISO14001です。今回は、ISO14001についてわかりやすく解説します。

参考:【入門】ISO9001とは?簡単にわかりやすく!

参考:ISO9001取得企業数の推移と取り組み例

参考:【ISO認証とは?】メリット・デメリットも合わせて分かりやすく解説

ISO14001とは?

ISO14001は、ISOによって定められた環境マネジメントシステム(Environmental Management System)の国際認証規格を指します。この規格は、企業における活動や、その結果として生じる製品、サービスが環境に及ぼす影響(リスク)を分析・管理し、環境負荷を低減する仕組みの構築を目的とした規格です。各企業が自社で環境に関する方針や目的・目標を設定し、環境を考慮した取り組みを行います。この他にも、ISO14001には環境に関する法令の遵守も含まれます。

環境マネジメントシステムとは?

ISO14001において環境マネジメントシステムとは、課題を改善する仕組みのことを指します。ISO14001では「ISO14001規格要求事項」が定められており、これに沿って環境マネジメントシステムを構築します。環境マネジメントシステムの基本的な構造は、PDCAから成り立ち「方針・計画(Plan)→実施(Do)→点検(Check)→是正・見直し(Act)」という過程を繰り返し、課題の解決及び改善を図ります。

ISO14001の環境側面について

環境側面とは、企業や組織の活動・サービスの中で、環境に影響を与える又は影響を与える可能性のある側面、要素を指します。環境側面の具体的な例としては、紙、電気、廃棄物などの環境負荷になるもののほか、リサイクル材料の活用、クリーンエネルギーの利用など環境に有益となる要素も含まれます。

ISO14001における環境側面では、「著しい環境側面」つまり、さまざまな環境側面の中から特に大事であると考えられる課題を選定し、管理を行います。この課題は、各企業で設定される目標や方針に沿って選定されます。

facebookTwitterlink
この記事を書いた人
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

facebook followtwitter follow
おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2021年02月22日
SS400とS45Cの違いを徹底解説【専門家が語る】製品による使い分け

SS400とS45Cの違いを徹底解説【専門家が語る】製品による使い分け

2019年07月29日
関連記事
  • FTA(故障の木解析)とは?進め方・フォーマット
    • FTA
    • 故障の木解析
    FTA(故障の木解析)とは?進め方・フォーマット
    2021年07月21日
  • FMEA(故障モード影響解析)とは?評価法や実際の流れを解説
    • FMEA
    • 故障モード影響解析
    FMEA(故障モード影響解析)とは?評価法や実際の流れを解説
    2021年07月03日
  • 【入門】ISO9001とは?簡単にわかりやすく!
    • ISO9001
    • ISO
    【入門】ISO9001とは?簡単にわかりやすく!
    2021年06月07日
人気記事ランキング