タンクの製作を得意としている工場5選!設計・製作の流れ、製作事例についてもご紹介!

お役立ちTips

金属加工
板金加工
タンクの製作を得意としている工場5選!設計・製作の流れ、製作事例についてもご紹介!

引用元:株式会社西部製作所

「タンクの製作を依頼したいけど、業者が多すぎてどこに頼めばいいか分からない・・・」

「取引のある金属加工メーカーからタンク製作の依頼を断られてしまった・・・」

タンクは、製薬・化学・化粧品・食品などのさまざまな分野で、液体・粉粒体・固形物などの保存、貯蔵、生産、輸送などに使用されています。タンクの製作を依頼するにあたり、「どういった基準でメーカーを選べばいいのか」、また「どの工場がタンクを製作しているのか分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事は、そんなお悩みをお持ちの方必見!
今回は、タンクの製作を得意としているMitsuriイチオシの加工メーカーを全国から5社ご紹介します。これからタンク製作の依頼を検討されている方はぜひ一読ください。

小ロットの加工依頼をするならMitsuri

小ロットの加工依頼をするならぜひ、Mitsuriにお任せください!

Mitsuriなら、全国の協力工場に、簡単に見積もり依頼を出すことができます。協力工場は全国に140社あり、小ロットでの加工依頼をOKとしている工場に絞って見積もりすることも可能です

さらにMitsuriには多数の加工実績があるため、安心して依頼できるんです。

  • 「小ロットの依頼をするのが気が引けてしまって…」
  • 「普段の取引先には小ロットの発注は頼みづらい…」

等小ロットの加工依頼でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!


株式会社イシバシ

引用元:株式会社イシバシ

①会社概要

本社:千葉県習志野市茜浜1-2-20

TEL:047-453-3500

FAX:047-453-3505

設立:昭和48年5月

加工:製缶溶接加工、精密板金 など

素材:ステンレス材、鋼材 など

ホームページ:https://www.ibk-e.net

②会社紹介

株式会社イシバシは、ステンレス加工を中心とする製缶溶接加工・精密板金加工・産業機械の製作、組立をしている会社です。

③メリット・デメリット

独自技術を用いた工法、高いスキルを持った技能工が揃っているのが自慢のメーカーです。仕様にもよりますが、標準的な納期はステンレス部品で15日~となっています。ただし、単品、少数ロットでの製缶溶接加工品を主としているため、製品のロット数によっては対応していない場合があります。確認の際には、Mitsuriまでご相談下さい。

④製品事例

株式会社イシバシの製品をご紹介します。

食品(調味料)用タンク 直径1200mm

食品(小麦粉)用タンク 直径770mm

ジャケットタンク 直径300mm



有限会社金橋製作所

引用元:有限会社金橋製作所

①会社概要

本社:熊本県八代市新港町3丁目2-8

TEL:0965-37-3340

FAX:0965-37-3341

設立:平成3年3月

加工:板金加工、製缶 など

素材:鋼材、鉄、ステンレス など

ホームページ:http://golds.co.jp

②会社紹介

有限会社金橋製作所は、熊本県に会社を構える製缶加工、ステンレス加工、鉄加工、金属加工、板金加工、鋼材加工メーカーです。

③メリット・デメリット

一人、もしくは少人数での製作が可能な小物・中型製品を主に製作しています。また、多能工を何人も擁しており、一人で複数の作業ができるため、前工程の作業が終わるのを待つ必要がなく、業務の停滞が発生しません。このため、工程間の在庫が減り、低コスト、短納期での対応が可能です。一方、大型の製品には対応していない可能性もあるので、事前に確認しておく必要があります。

④製品事例

有限会社金橋製作所の製品をご紹介します。

液体の運搬・貯蔵用タンク

精米タンク

製粉貯蔵用タンク



旭シンクロテック株式会社

引用元:旭シンクロテック株式会社

①会社概要

本社:東京都港区港南ニ丁目13番34号

TEL:03-5715-2550

創業:昭和21年11月

加工:タンク製作、各種設備の設計から施工、メンテナンス など

素材:ステンレス など

ホームページ:http://www.synchrotech.co.jp

②会社紹介

旭シンクロテック株式会社では、さまざまな分野での設備に携わり、設計から施工、メンテナンスまで、多岐にわたるサービスを提供しています。

③メリット・デメリット

食品、化学、製紙業界などにおいて、あらゆるタンクの製作を手掛けている会社です。高度な溶接・研磨技術を用いて、形状やサイズを問わず、用途に合わせたクオリティの高いタンクの製作が可能です。一方、特急対応については、可能かどうか、事前に確認することをおすすめします。確認の際には、ぜひMitsuriまでご相談下さい。

④製品事例

旭シンクロテック株式会社の製品をご紹介します。

食品工場 原料タンク(150m3)・製品タンク(480m3)

製紙工場 白液タンク(7,000m3)



株式会社エー・アール・アイ

引用元:株式会社エー・アール・アイ

①会社概要

本社:愛知県名古屋市南区鳴尾2-110

TEL:052-611-8600

FAX:052-611-1255

設立:平成2年4月

加工:タンク製作、各種機械加工、特殊フランジ製作 など

素材:ステンレス、チタン、ハステロイ など

ホームページ:https://www.ari-corp.co.jp

②会社紹介

株式会社エー・アール・アイは、プラント用タンクの製作、各種製缶、各種機械加工、特殊フランジの製作に注力している会社です。

③メリット・デメリット

溶接作業、及び機械加工がワンストップで対応できる為、短納期、低コストが可能です。また、ステンレスの他、チタンやハステロイなどの材質での容器、タンク製造にも対応できます。一方、愛知県にあるメーカーのため地方によっては納品に対応していない可能性があります。

④製品事例

株式会社エー・アール・アイの製品をご紹介します。

原料貯槽(50m3)

製品タンク(20m3)

撹拌機付きストックタンク(12m3)



株式会社長澤製缶

引用元:株式会社長澤製缶

①会社概要

本社:神奈川県海老名市東柏ケ谷5丁目18−3

TEL:046-231-1839

FAX:046-234-4167

設立:1961年4月

加工:サニタリータンク、第一種圧力容器の製造 など

素材:ステンレス など

ホームページ:http://nagasawa-seikan.com

②会社紹介

株式会社長澤製缶は、主に圧力容器やサニタリータンクなどの製品を提供する会社です。高品質のサニタリー製品の製作を続けて、30年以上の歴史があります。

③メリット・デメリット

特にステンレス製の圧力容器に関わる膨大な経験・実績によるノウハウを保有しており、高い安全性・品質が求められる圧力容器やサニタリータンク製品の特注品について、トータルなサポートが可能です。また、短納期でのスピード対応や特殊タンクの製作にも対応できます。一方、ステンレス以外の材質に対応できるかは、可能かどうか事前に確認することをおすすめします。確認の際には、Mitsuriまでご相談下さい。

④製品事例

株式会社長澤製缶の製品をご紹介します。

飲料工場向け500L貯層タンク

水処理施設向けフィルターハウジング

食品工場向けステンレスサニタリーバランスタンク


Mitsuriはタンクの製作を依頼できる多数のメーカーと提携しています。お見積もりは無料なので、お気軽にお問い合わせください。



タンク設計・製作の流れ

引用元:株式会社西部製作所

一般的に、タンクの製作には次のような工程が存在します。


①シャーリング

引用元:ユニコントロールズ株式会社

指定された材料を、必要な寸法に切断します。


②ロール加工

引用元:ユニコントロールズ株式会社

切断した板をロール機で丸め、まずタンクの胴体部を製作します。


③胴体部溶接

引用元:ユニコントロールズ株式会社

直線自動溶接機でロール加工した胴体部を繋ぎます。プラズマ溶接機は母材に溶け込みやすいため、よく使用されます。


④潰し加工

引用元:ユニコントロールズ株式会社

直線潰しロール機を用いて、胴体の溶接部を潰し、溶接ビードを滑らかにします。


⑤溶接

引用元:ユニコントロールズ株式会社

胴体部と鏡部(タンクの両端部をふさぐ、半円状の形状をしている部分)を溶接します。アルゴン溶接など、ステンレス同士を溶かして繋いだ後、図面を基に寸法検査を行います。


⑥研磨

引用元:ユニコントロールズ株式会社

溶接した部分の溶接ビードをカットし、研磨処理を行います。


⑦表面検査

引用元:ユニコントロールズ株式会社

研磨処理が完了したタンクの内外面の傷、艶など外観を検査します。


⑧溶接焼けを取り除く

引用元:ユニコントロールズ株式会社

研磨では取りきれなかった箇所の溶接焼けを、電解時の陽極反応を利用して除去する

スケーラ(電解研磨機)で取り除きます。


⑨洗浄・拭き上げ

引用元:ユニコントロールズ株式会社

研磨によって発生した粉などを洗浄します。洗浄後、アルコールでタンク全面を拭き上げます。


⑩組み込み・検査

引用元:ユニコントロールズ株式会社

必要があれば、ドレンポートや液面計など継手類を組み込みます。組み込み後、図面を基に寸法検査を行います。さらに溶接部や組み込み部からのリークが無い事を確認するため、タンクに設計圧力をかけて圧力検査を行います。

図面通りにタンクができあがっているか最終検査を行った後、梱包し完成です。

参考記事

板金加工については、以下の記事でさらに詳しく解説していますのでご覧ください。

【板金加工】専門家が教える板金加工の「特徴・種類・材料」について!



まとめ

本記事では、タンク製作を得意としているMitsuri選りすぐりの5つの工場をご紹介しました。タンクは、種類によって法規の規制もあり、安全性及び品質の確かさが求められます。そのため、タンク製作には信頼できるメーカーを選定することが重要となります。

タンク製作についてお悩みの時には、ぜひMitsuriにご相談ください。日本全国で140社以上のメーカーと提携しているため、きっとご希望に沿うメーカーが見つかるでしょう。Mitsuriでの見積もりは完全無料です。ぜひお気軽にお問い合わせください。


小ロットの加工依頼をするならMitsuri

小ロットの加工依頼をするならぜひ、Mitsuriにお任せください!

Mitsuriなら、全国の協力工場に、簡単に見積もり依頼を出すことができます。協力工場は全国に140社あり、小ロットでの加工依頼をOKとしている工場に絞って見積もりすることも可能です

さらにMitsuriには多数の加工実績があるため、安心して依頼できるんです。

  • 「小ロットの依頼をするのが気が引けてしまって…」
  • 「普段の取引先には小ロットの発注は頼みづらい…」

等小ロットの加工依頼でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
関連記事
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。

Twitter
Facebook
Instagram
YouTube

前の記事

板金における曲げ加工の限界について専門家が解説!

次の記事

【Mitsuri発注者さまインタビュー】工場探しの手間が半減!カンタンに条件があう工場と出会うことができました!

カンタン
見積り依頼