腕があるパンチングメタル業者10選!パンチングメタルの規格や材質について製品例を用いて解説!

部品 | 2019年11月15日

腕があるパンチングメタル技術がどれほどすごいか知っていますか?

「たかがパンチングメタル」と侮ることなかれ。

規則的に孔の空いた板金には、エンジニアの“緻密”さと“情熱”が入念に込められています。

この記事では、誰よりも日本の製造業を愛する私が「国内最高レベルのパンチング業者10選」を日本全国のパンチングメタル業者約60社から選抜いたしました。いずれも、日本のパンチングメタル業界に決定的な影響を与えている歴史がありつつも最先端の企業です。

専門的な知識を持たない方に対するパンチングメタルの解説も行っているので、パンチングメタル業者に製品を依頼する際の参考にしてくだされば幸いです。

cta


パンチングメタルとは

引用元:株式会社キーエンス

パンチングメタルとは、パンチング加工を施した板状の金属材料のことを指します。

パンチング加工は、プレス機械にパンチとダイという金型を取り付け、材料を打ち抜いて穴を開ける加工法です。プレス機械には、主にタレットパンチプレス(タレパン)が用いられています。

タレパンは、多種類の金型を格納できるタレットを備え、加工手順をプログラムして制御するNC制御が可能です。そのため、材料の自動供給装置や自動取出機を組み合わせて製造ラインを構築することで、大量生産が可能となります。また、タレットに格納した金型を組み合わせたり、特定の形状に沿って穴を開けていくニブリング加工を駆使したりすることで、多品種少量生産にも対応できます。

下の写真は、円盤状のパンチングメタルをニブリング加工によりドーナツ状に加工したものです。

引用元:松陽産業株式会社

参考記事

タレパンの仕組みや特徴については、以下に記事がありますので、参考にしてください。

【タレパン】タレットパンチプレスの仕組みや特徴について詳しくご紹介!!



パンチングメタルの規格

引用元:松陽産業株式会社

パンチングメタルには、特にJISで規定された規格はありません。ですが、市場で標準的に流通している製品は、メーカーにより違いがあるものの、穴の種類や寸法がある程度決まっています。

まず、寸法については、素材によって異なりますが、下表のサイズの定尺材が既製品としてよく販売されています。


引用元:メタルテック株式会社

また、穴の形状や直径、ピッチ、配列パターンについても、様々なバリエーションがありますが、一定の穴形状や配列パターンを持った既製品を市場で見つけることができます。


丸穴

丸穴は、最も採用されている穴形状ですが、その配列パターンは規則正しいものでも無数にあります。

その中でも、下図の左の「60°千鳥」、中央の「45°千鳥」、右の「並列」と呼ばれる配列パターンがよく用いられています。

引用元:松陽産業株式会社


長穴

長穴もよく用いられる穴形状で、長穴を規則的に開けたパンチングメタルは、ベランダの目隠しなどのエクステリア、側溝の蓋などに使われています。

長穴の配列パターンは、一般的に使われているものだけでも、下図に挙げられている「長穴(サイド)千鳥」、「長穴(エンド)千鳥」、「長穴並列」、「ヘリンボン」、「長穴綾抜き」のように豊富です。


引用元:メタルテック株式会社


角穴

角穴は、正方形の穴形状のことで、その配列パターンには下図の左の「千鳥」や右の「並列」などがあります。

引用元:スズキテクノス株式会社



パンチングメタルの材質

引用元:NCネットワーク

パンチングメタルの材質は、鉄鋼、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、ニッケル、チタンなど、パンチング加工が可能であれば特に制限はありません。

ですが、主に鉄鋼、ステンレス、アルミが用いられ、既製品のほとんどはこれらを材質としています。


鉄鋼は、高強度かつローコストで加工性に優れていることから、パンチングメタルに幅広く使われている材質です。パンチングメタルの材料に用いられている鋼板は、防サビ加工などの表面処理を施した鋼板も含め、以下のように多岐にわたっています。

パンチングメタルの材料となる鋼板

  • 高張力鋼板

  • 冷間圧延鋼板(SPCC)

  • 熱間圧延鋼板(SPHC)

  • 亜鉛メッキ鋼板(SECC、SEHC)

  • 溶融亜鉛メッキ鋼板(SGCC)

  • 塩ビ鋼板

なお、溶融亜鉛メッキ鋼板は、防サビを目的に高温で溶けた亜鉛に浸してメッキした鋼板。塩ビ鋼板は、耐食性や耐薬品性などに優れたポリ塩化ビニール樹脂をコーディングした鋼板です。


ステンレス

引用元:株式会社カネマサ

ステンレスは、耐食性に優れているため、屋外や化学施設、食品設備などで利用されるパンチングメタルの材料としてよく用いられます。

パンチングメタルの材料となるステンレス

  • SUS304(オーステナイト系)

  • SUS430(フェライト系)


アルミ

アルミを材料としたパンチングメタルは、軽量で加工性や耐食性に優れることから、車両や電気機器、機械部品、日用品などに使用されています。

パンチングメタルの材料となるアルミ

  • A1050(純アルミ系)

  • A1100(純アルミ系)

  • A5052(Al-Mg系)

  • カラーアルミ

なお、カラーアルミは、耐食性の向上や意匠性の付与を目的にアルミニウムを塗装した素材です。下の写真は、ブルーに塗装されたアルミ製パンチングメタルの例です。

引用元:通販モノタロウ



パンチングメタルはどんなところで使われているか

引用元:株式会社神山工業所

パンチングメタルは、軽量であるだけでなく、穴の存在を活かすことで多様な機能を発揮します。そのため、用途は、電子機器や家電製品、自動車・機械部品、建築内外装など、多岐に渡ります。

例えば、洗濯機では、洗濯槽にパンチングメタルが使われています。これは、パンチングメタルの通水性が活かされており、脱水時に水だけを通すことで洗濯物の水を切る役割を果たします。

引用元:kufura

また、高速道路に用いられている吸音性防音壁では、内部に吸音材が配置され、正面板にパンチングメタルが用いられています。このパンチングメタルは、音を穴を通して吸音材に導くことで騒音の拡散を防ぎ、同時に吸音材を保護・支持する役割を持っています。

引用元:松陽産業株式会社

次の写真は、建築物の外装材にパンチングメタルを使用したものですが、サイズが異なる穴の規則的配列が意匠性を高めています。

引用元:株式会社ウチヌキ



パンチングメタルの製品事例

引用元:菊川工業株式会社

それでは、パンチングメタルの製品事例を見ていきましょう。

下の写真は、選別機械のふるいとなる部品にパンチングメタルを使用したものです。

引用元:株式会社奥谷金網製作所

次の写真は、ステンレス製のパンチングメタルをパイプ状に加工した製品で、自動車やバイクのマフラーに使用されています。

続く写真は、アルミにデザインパンチングを施したもので、背面部から漏れる光が和のテイストを引き立てています。

引用元:菊川工業株式会社



私が選ぶ本当に価値のあるパンチングメタル業者10選

私が自信をもって「この業者、マジ凄い!」と推奨できるパンチングメタル業者は以下の10社。

①株式会社奥谷金網製作所(兵庫県神戸市)

②石川金網株式会社(東京都荒川区)

③株式会社ウチヌキ(神奈川県綾瀬市)

④松陽産業株式会社(大阪市中央区)

⑤稲田金網株式会社(大阪市中央区)

⑥株式会社布引製作所(兵庫県神戸市)

⑦株式会社ショウワ(神奈川県横浜市)

⑧三和打抜工業株式会社(東京都大田区)

⑨スズキテクノス株式会社(東京都江東区)

⑩株式会社犬飼鉄工所(愛知県名古屋市)

それぞれの業者の『本当に凄いところ』を解説していきます。


①株式会社奥谷金網製作所

引用元: https://www.okutanikanaami.co.jp/

この業者のココが凄い!

①パンチングメタル業界で日本を代表するリーディングカンパニー
②120年の歴史
③樹脂パンチングなど、今ドキの技術もある

今回、紹介するパンチングメタル業者の中でも、私が最もオススメする業者。

 「目指せ、業界世界一の技術力」をモットーに、なんと120年もの歴史を歩んでます。 

【技術】と【実績】を強みとし、

・シカゴ
・デュッセルドルフ

といった海外にも事業所を構えている、正真正銘の“日本の大エース企業”です。


奥谷金網製作所の【技術】

奥谷金網製作所の最大の特徴は加工技術のレパートリーの豊富さ。 

一例を挙げますと、

・通常のパンチングメタル

パンチングメタル

・エンボス加工、ディンプル加工 

ディンプル加工

・樹脂パンチング 

樹脂パンチング

・CFRTP(炭素繊維強化熱可塑性樹脂)パンチング

CFRTP(炭素繊維強化熱可塑性樹脂)パンチング

などの技術を有しており、国内有数のレパートリーの多さです。


奥谷金網製作所の【実績】

パンチングメタル業界における“日本の大エース”である、奥谷金網製作所の【実績】は120年もの歴史があるため、計り知れないほどの量になります。

その中でも、私が衝撃を受けた近年の業績は2つ。

・パンチング業界初「レーザー加工機・パンチングプレス機」導入
・ベルギー/スーネン社製 高精度200tパンチング加工機設置 (明石第3工場)

創業120年ということで、「かなり保守的な業者なのかな」と思っていた私ですが…。

実際は、“イノベーティブ” 、“インターナショナル” といった、言葉が最も似合うと言っても過言ではないほどに改革・改善を繰り返し、現在に至るようです。

もちろん、ISO9001認証も随時更新中です。(神戸本社・明石工場・堺工場) 


②石川金網株式会社

引用元:http://ishikawa-kanaami.com/products/pm

この業者のココが凄い!

①デザインパンチングメタル
②笛吹音解消パンチングメタル

石川金網株式会社1922年創立の歴史ある業者。

「顧客第一主義」に基づいて着実に業績を積み重ねてきました。

とりわけ私が感動したのは、石川金網の【デザインパンチングメタル】の技術 以下の段落で、その素晴らしさを紹介します。

①パーフォアート

パーフォアート

“パーフォアート”と呼ばれるデザインパンチングメタルは、無骨で味気ないイメージのパンチングメタルに革命をもたらしました。

20年以上経過した現在もなお実績を積み重ね続けてます。 

しかしパーフォアートは“ただ美しいだけではありません”。

パーフォアートはなんと笛吹音の出ないパンチングメタル。 

ランダムデザインとグラデーションデザインにより、笛吹現象を解消しました

 使用材料はアルミニウムが標準で、穴径によっては他の材質でも製作可能。

 大量生産でも少量多品種でも応えてくれます。

②ピトアート

ピトアート

“ピトアート”は、 ・石川金網のパンチングメタル ・シリコンゴムorプラスチック を組み合わせたオリジナル技法です。 

色のついたシリコンゴム(プラスチック)をパンチングメタルに埋め込むことで、原画を忠実に再現。

 見せ方次第では、 

①モザイク壁画のような美しさ
②窓際への設置でステンドグラスの輝き
③バックライトではネオンサイン風の表現 

など、美麗に演出できます。

【パンチングメタル×美】であれば、石川金網でキマリです。




③株式会社ウチヌキ

引用元:https://uchinuki.co.jp/company/index.html

この業者のココが凄い!

①製品送り技術
②レベラー技術
③素材保護技術

株式会社ウチヌキは創立50年、「パンチングの未来を創造する夢考房」を目指してます。 

注目は非常に高いレベルの【技術力】。 

兵庫工場においては、

・3mベンダー

3mベンダー

・300tパンチングプレス 

300tパンチングプレス

といった大規模な設備を導入し、日進月歩の品質改良を積み重ねてます。 製品特長としては、

・製品平坦度がとても良好
・バリが少ない
・金属以外の素材への豊富な加工実績
・1㎜未満の微細孔パンチングでもスピーカーカバーなどに使える高品質 

これらを実現するため、以下に示す【4つの最高レベルの技術】が用いられてます。

①製品送り技術

NCによって制御してます。機械の回転速度とロール圧力を材料板厚、材料幅に合せて調整。

・薄い樹脂
・柔らかい素材

をパンチングする際は、蛇行、ピッチむらが発生しやすいのですが、株式会社ウチヌキは経験からのデータを用いて対応しております。

②レベラー技術

勤続35年のベテランの技術を若い技術者が複数名継承し、長期的に安定した品質を確保。製品の歪(ひずみ)が大きくなる原因としては、

・材料
・開孔率

などがあり、多くの業者が苦戦を強いられている中、株式会社ウチヌキでは、

・レベラー機の選定
・レベラーの方向
・作業順序
・レベラーの強さ

を熟練技術で調整し、最高難易度の加工も見事に成功させてます。

③素材保護技術

株式会社ウチヌキでは、アルミ素材などに保護養生を貼る設備も自社工場に保有。 

保護養生によって、材料がパンチング機械に直接触れないようにして品質を保ってます。

④独自グラフィックパンチング技術

「独自金型技術」及び「独自の打ち抜きピン(パンチ)制御のシステム・技術」もウチヌキの強み。

従来は困難だった【1φ×1.5P】の非常に小さな孔でも、グラフィック制御が可能になりました。

 その結果、小さなパネルなどでもパンチングでグラフィックを描けます。

cta

④松陽産業株式会社

引用元:https://www.shoyo-sangyo.co.jp/

この業者のココが凄い!

①パンチングメタル業界における国内王手業者の1つ
②国内最大級の自動ライン
③自社内金型設計製作
④品揃え良し
⑤スピーディー出荷

日本最大級のパンチングメタル業者で、【実績】に加え【品揃え】【スピーディー出荷】など、手広くかつ丁寧に対応。

【大手の安定感・安心感】を求めるなら、私は松陽産業をオススメします。 加工例は以下のとおり.

・マンションエントランスのファサード
・バルコニー用目隠し建材
・間仕切り/パーテーション
・家具・照明器具
・フリーアートパーフォレーション (キャンパスに絵を描くように、デザインを孔で表現)

フリーアートパーフォレーション1

フリーアートパーフォレーション2

フリーアートパーフォレーション3

・デザインパンチング (パンチングメタルに“模様”というエッセンスを付加。空間を華麗に演出)

デザインパンチング1

デザインパンチング2

デザインパンチング3

・クロスパンチング (各模様の短冊が編み込まれているようにみえる1枚の装飾板)

クロスパンチング

・デザインエンボス (金型を用いてプレス加工をすることで材料表面に凹凸をつける) 

デザインエンボス1

デザインエンボス2

デザインエンボス3

・ウルトラマンシリーズを先端加工技術で表現したオフィシャル商品

・パンチング灯



⑤稲田金網株式会社

引用元:http://www.inadakanaami.jp/

この業者のココが凄い!

①関西IT百選2016 - 優秀賞受賞
②パンチングメタル専門サイトを運営
③装飾レ-ザ-加工仕上

稲田金網株式会社は1937年、金網の専門卸売商社として創業した老舗(しにせ)企業。

 昭和60年代後半より主力商品として、

・再構築されたパンチングメタル
・パンチングメタルの付加価値

を強化していく流れの中で、

・発生した建築装飾金物
・現在営む商品群の画像
・技術資料及び製品規格デ-タ

などを、Webメディアにて商品カテゴリ-別に掲載してます。

とりわけ私が衝撃を受けた技術は【装飾レ-ザ-加工仕上】。

 プレス機械の代わりに、レ-ザ-加工機を用いて板金を切抜く手法です。 メリットとしては、

・金型がなくても抜ける
・デ-タさえあれば自由な形状に装飾可能 

の2つがあります。

装飾レ-ザ-加工仕上1

装飾レ-ザ-加工仕上2

⑥株式会社布引製作所

引用元:http://www.nunobiki-s.co.jp/

この業者のココが凄い!

①パンチングメタルのみに70年
②小孔径、多孔、特殊形状の精密打抜スクリーンの分野で国内最高レベル
③常時2000面以上の金型を保有

布引製作所は昭和19年の創業以来、精密打抜スクリーン(パンチングメタル)一筋でやってきた企業。

 小孔径、多孔、特殊形状の精密打抜スクリーンの分野を得意分野とし、独自の製造技術に磨きをかけてます。 

「誠実・努力・前進」を経営理念に挙げ、

・ワザ
・ヒト
・設備
・受注生産

の4つに対する強いこだわりを有してます。

ワザへのこだわり

ワザへのこだわり

「より小さく・より細かく」を目指した技術を日々追求してます。 

金型はもちろん、冶具・工具・計測器具まで自社で開発製作し、高度な生産体制を構築。

 長年のデータの蓄積と技能を活かし、新素材の加工にも対応してます。

・ヒトへのこだわり

布引製作所のスタッフは、資格取得・スキルアップに熱意を持って取り組んでおり、こうした努力は他社に誇れるものがあります。 

また、熟練した技術を次の世代に継承すべく、外部技能育成教育にも積極的に参加しています。

・設備へのこだわり

溶接・折り曲げ・形状加工等、充実した設備で二次加工が可能。 また、より高精度の要求に応えるため、プレス機以外にも周辺機器の設備投資を続けています。 

・受注生産へのこだわり

一枚からお客様のニーズに応じて加工。 

「お客様とのコミュニケーションによってのみ、ニーズに応える製品が生まれる」という経営哲学があるためです。 

受注生産にこだわることから生まれる利点としては大きく3つ。

①独自製品の開発 金型製作から製品生産まで一貫して社内生産。 規格品だけでなく、独自製品のご提供が可能です。

②柔軟な対応 常時2000面以上の金型を保有。 多品種にも対応が可能です。

③二次加工も可能 独自の生産設備を活かし、特殊スクリーンの加工やパンチング後の形状加工もできます。



⑦株式会社ショウワ

引用元:http://www.showa-parfo.co.jp/

この業者のココが凄い!

①最短3日でお手元へ届く「ショウワパンチングクイックサービス」
②大ロット~1枚までOK、お客様のニーズにオーダーメイドで対応
③アウトレットの商品を販売

「小さな一流企業を目指す」がモットーの、少数精鋭企業です。

 最短3日で製品を受け取ることができる「ショウワパンチングクイックサービス」が強みで、横浜と福岡の2つの拠点から迅速に宅配。

 【スピード】にこだわるなら、株式会社ショウワが決定的な仕事をしてくれます。 

もちろんスピードだけではなく、技術面でも国内最高クラス。

・ポリエチレン、塩ビなどの樹脂材
・アルミ
・樹脂の複合板 なども加工可能 

さらに、株式会社ショウワでは大型レベラーを2台(1500㎜巾・2000㎜巾)所有してます。 

自社加工したパンチングメタルはすべてレベラー加工(平坦矯正)をして後に出荷。

 自社加工でない製品においても、レベラーのみの加工OK。

また、株式会社ショウワはWebサイト内アウトレット商品を販売してます。 (http://www.showa-parfo.co.jp/outlet/)

 さらに環境省査定の「環境経営」の認証登録制度である【エコアクション21】を認証されており、地球環境にも優しい企業です。


⑧三和打抜工業株式会社

引用元:http://www.pmetal-sanwa.co.jp/

この業者のココが凄い!

①パンチングメタル一筋80年
②パンチングメタルの平坦度を維持したまま加工できる
③様々な孔の形状やパターンに対応

三和打抜工業株式会社は、東京を代表する高品質パンチングメタル業者の1つ。

 パンチングメタル一筋80年の経歴はダテではなく、【製品の平坦度】【バリ取り】といった、高レベルの技術を要する工程においては“最強クラス”と言っても過言ではありません。

 実績の1つとして、【東京ミチテラス】で使用するパンチングメタルの製作に三和打抜工業が一部参加してます。


製品の平坦度について

製品の平坦度

上の写真のように、加工した製品が反ってしまうということは多いです。

 しかし三和打抜工業の製品は、すべてパンチング後に矯正ロールを通して矯正しますので、平坦度は極めて良好。

豊富な知識、経験から、他社では出来ないような圧倒的な平坦度を実現。

もしアナタが他社で加工案件を断られた際も、【三和打抜工業なら引き受けてくれる】ことが多々あります。


バリ取りについて

バリ取り

上の写真のように、板金加工と「バリの発生」というのは“切っても切れない関係”と言えます。 

しかし三和打抜工業においては心配ご無用! 

三和打抜工業は、バリが出てしまう主要な原因としては「金型のセットの仕方に問題があるケースが多い」と分析。 

熟練技術者が微調整をしながら板金をセットすることでバリの発生を抑えてます。

⑨スズキテクノス株式会社

引用元:http://www.suzuki-tkns.co.jp/

この業者のココが凄い!

①ステンレス、アルミ、チタンに強い
②常時在庫を取揃え、迅速なる納期
③スーパーパンチングもできる

「スピード、ソリューション、ストロング」がモットー。

・ステンレス
・アルミ
・チタン

の3種類が中心ですが、全ての金属を素材として製造販売。

 また、スーパーパンチングと呼ばれる、強度を保ったまま狭いピッチサイズで加工する技術を適用。

 通常のパンチングメタルよりも、

・高耐
・高耐久
・高寿命

を実現(カット販売も可能とのことです)。

 なおスズキテクノス株式会社の拠点である浦安配送センターは、 約400坪と大変広く、配送センター内にシャーリングマシンがあり、配送前の最後の加工を行ってます。

写真一覧

⑩株式会社犬飼鉄工所

引用元:http://www.inukai-tekkosyo.co.jp/

この業者のココが凄い!

①現在ではおよそ300社もの企業と取引
②安全が重視される遊園地、テーマパークでも定評
③在庫切れにも強い

株式会社犬飼鉄工所は1921年に創業、90年以上の歴史を持つパンチングメタルの専門メーカー。

 1000種類以上の金型を用意しているため、在庫切れにもすぐに対処してくれます。 

他社であれば2~3週間ほどかかりそうな場合も、犬飼鉄工所では数日で納品可能。 

また【多品種、少量生産】に20年以上前から注力し、【デザイン×技術×オーダーメイド】の草分け的な業者で、 現在の取引先企業数は脅威の300社!

とりわけ、日本全国の遊園地やテーマパークから品質面で高評価を受けてます。

 「製品の【安全性】重視の場合、犬飼鉄工所ならまず間違いない」と言えるはず。

 工場の設備面においても、 

・最新鋭のワイヤーカット
・6種類のレベラー
・タレパン5台(アマダ・うち1台は国内最大)
・CAM AP-100を4台
・最新鋭のレーザー(三菱電機)
・最新鋭放電加工機
・マシニングセンター

 と盤石の加工環境を備えてます。 

写真1

写真2



日本のパンチングメタル業界は、群雄割拠の大混戦!

この記事では、「本当にオススメできるパンチングメタル企業10選」と称して、私が責任をもってアナタに紹介できる企業10社を選抜しました。

 日本国内には約60のパンチングメタル業者がありますが、ここで紹介した以外にも、 

・唯一無二の技術
・迅速な作業
・フレキシブルな対応

など、それぞれのパンチングメタル企業が特徴を持ち備えてます。 

じっくりと時間をかけて調べてみるのも面白いでしょう。


cta


この記事を書いた人
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号を知って、溶接指示を理解する!【5分でわかる】

溶接記号を知って、溶接指示を理解する!【5分でわかる】

2019年10月24日
【チタン】とは!?チタンは他の金属とどう違うのかメリット・デメリットをご紹介!

【チタン】とは!?チタンは他の金属とどう違うのかメリット・デメリットをご紹介!

2018年12月13日
おすすめ記事
  • SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!
    • ステンレス
    • sus304
    SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分か...

    243,690PV

    2019年02月01日
  • 溶接記号を知って、溶接指示を理解する!【5分でわかる】
    • 製図
    • 溶接
    溶接記号を知って、溶接指示を理解する!【5分でわかる】

    153,748PV

    2019年10月24日
  • 【チタン】とは!?チタンは他の金属とどう違うのかメリット・デメリットをご紹介!
    • チタン
    【チタン】とは!?チタンは他の金属とどう違うのかメリット・デ...

    115,719PV

    2018年12月13日
関連記事
人気記事ランキング