【工場の省人化】事例、方法、メリット

省人化とは、設備や作業の見直し・改善を通して、各工程での無駄をなくし、人員を削減することを意味します。人員不足などが問題となっている製造業では、特に活用されています。本記事では、省人化の事例、方法、メリットなどについて解説いたします。

省人化とは?

省人化とは、工場内の設備や作業内容を見直しそれらの改善を図ることで、不必要な工程を減らし、人員を削減することを指します。

省力化、少人化との違い

省人化に類似した用語に、省力化、少人化という言葉があります。似ている言葉ですが、意味が異なります。

まず省力化とは、各工程の作業内容の改善により、無駄をなくし作業者一人当たりの作業量を減らす方法です。これにより、作業の効率化を図ります。省人化では、人員削減を目的にしていましたが、省力化では人員削減は行わず各作業者の負担を軽減することを目的としています。

次に、少人化とは受注の増減に応じて、人員の数を調整する方法を指します。人員削減を行う省人化とは異なり、少人化では生産量に応じて、最少人数で効率の良い生産体制を整えることを目的としています。

省人化のメリットとデメリット

省人化のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

省人化のメリットとして、人手不足の解消が挙げられます。昨今、多くの工場では技術者の人員不足が問題となっており、技術者一人当たりの負担が大きくなっています。省人化によって効率化を図ることで、従業員の負担を軽減し、さらに人手不足の解消にもつながります。省人化を通して人員を減らすことによる人件費の削減、利益の向上、また業務の効率化、生産性の向上によるコスト削減なども期待できます。

デメリット

後述しますが、省人化ではロボットなどを用いた手法が多く採られます。そのため、設備の導入コストがかかってしまうというデメリットが挙げられます。ただし、同時に人員を減らしたり、業務の効率化を行うため、長い目で見ればコスト削減につながることが多いです。また、ロボットやシステムを管理するために、新たな人材が必要になることもあるので、注意が必要です。

省人化の方法

省人化を行う方法としては、次のようなことが挙げられます。

自動化・自働化

近年では、IoT、AI、ロボットなどの技術を用いて、自動化・自働化を行う企業が増えています。設備の改善、工場のスマート化などにより、省人化を推し進めることが可能となります。

作業の見直しと改善

省人化の基本的な考えは、不必要な作業を洗い出し、それらをなくすということです。各工程の作業の見直しと改善を行うことで、作業の無駄を減らすことができ、業務効率のアップにつながります。

参考:【製造業の現場改善】ECRSの原則ではじめるコスト改善!

参考:製造業の生産性を見える化で改善するための重要視点

作業の平準化や標準化

作業の平準化や標準化を行うことで、一部の作業者に依存せず、作業者一人一人が複数の業務に対応できるようになり、結果的に省人化につながります。

省人化の事例

工場の検査工程において、目視による検査から機械を用いた検査に切り替えることで、省人化を行い、結果的に人件費の削減、歩留まりの向上などにつながった事例もあります。

また、以下の記事ではDXの導入による工場の省人化を行った浜石製作所の事例についてご紹介しております。さまざまなツールやソフトを用いて、今まで人が行っていた作業をデジタル化することで、省人化を行った事例です。

参考:DX導入を進める浜石製作所がやってきたこと・目指すこと

 

「工場を省人化したい」

「人手が足りないので省人化対策をするしかない」

そのような工場に向けてMitsuriではデジタルツールで省人化やDX化、生産性向上など、未来への準備をお手伝いしています。詳しくは下のボタンから!

メルマガ購読

Intuit Mailchimp

カテゴリ一覧