板金加工の見積もりの出し方について専門家が解説!

板金加工の基礎

金属加工
板金加工
見積もり
板金加工の見積もりの出し方について専門家が解説!

引用元:ものづくりウェブ

「板金加工が初めてで、具体的な見積もりが分からない…」

「工場がたくさんあるから、どこに板金加工を依頼すればいいか分からない...」

「板金加工の具体的な価格設定を知りたい…」

そんな板金加工に関するお悩みは、この記事で解決しましょう!この記事では、板金加工の一般的な見積もりの流れを分かりやすく解説していきます。実際の板金加工の見積もりの流れや一般的な価格の目安が分かるので、初めての人も安心して依頼できるでしょう。これから板金加工の見積もり・依頼を検討されている方は、ぜひ一読してみてください。

また、見積もりの作成はMitsuriで完全無料で行っています。全国の優良な工場を簡単に比較・検討できるので、工場選びの手間や時間を短縮できておすすめです。ウェブ上でフォームに入力するだけで見積依頼ができるので、時間のない方や初めての方には特に便利です。板金加工についてお困りの際は、ぜひMitsuriにお申し付け下さい!

小ロットの加工依頼をするならMitsuri

小ロットの加工依頼をするならぜひ、Mitsuriにお任せください!

Mitsuriなら、全国の協力工場に、簡単に見積もり依頼を出すことができます。協力工場は全国に140社あり、小ロットでの加工依頼をOKとしている工場に絞って見積もりすることも可能です

さらにMitsuriには多数の加工実績があるため、安心して依頼できるんです。

  • 「小ロットの依頼をするのが気が引けてしまって…」
  • 「普段の取引先には小ロットの発注は頼みづらい…」

等小ロットの加工依頼でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!


板金加工の見積もりの流れ

母材単価を調べる

引用元:井田商店

まず、板金加工をするにあたっては母材単価を調べる必要があります。金属材にはいろいろな種類がありますが、選ぶ母材によって価格が大きく変わってきます。板金加工をする際には、予算や用途に応じて適切な母材を選ぶのを心がけましょう。代表的な素材の価格は次のようになります。

代表的な素材の価格

  • チタン合金:1800円/kg

  • ニッケル合金:1700円/kg

  • 銅合金:600円/kg

  • アルミ合金:300円/kg

  • ステンレス:700円/kg

  • 銅:580円/kg

  • 鉄:700円/kg

母材の単価だけ見ると、鉄や銅を使うのがコストカットに繋がりそうです。しかし、鉄は錆やすいというデメリットがあります。そのため、屋外での使用や塩害が起こる可能性がある場合、別途塗装やメッキをする必要が出てきます。その場合は結局トータルで高額になってしまう場合もあるので、素材の特性を理解して選びましょう。また、性能で選ぶ場合、それぞれの母材の強みは以下のようになります。

各母材の強み

  • 強度:鉄

  • 軽さ:アルミ合金

  • 電気抵抗の低さ:銅・ステンレス

  • 耐食性:ニッケル合金

  • 熱伝導の高さ:アルミ合金・銅

  • 被削性の高さ:アルミ合金・銅合金・鉄合金

こちらはあくまでも目安ですが、作成する製品によって使用する素材を選び分けるようにしましょう。

参考記事

板金加工については以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

板金加工とは何か?


各加工の単価を乗せる

引用元:株式会社前田テクニカ

母材を選定したら、加工単価を上乗せします。複雑な加工になるほど高額になるため、加工の手順や方法を吟味する必要があるでしょう。一般的に、板金加工の定価は公表していない工場が多く、製作する部材の状況や加工費などによってケースバイケースで決まります。そのため、おおまかな価格の把握をしたい場合でも、その都度工場に見積もりを作成してもらった方が正確でしょう。

それぞれの加工の一般的な単価は以下のようになります。これらの金額はあくまでも目安で一例ですが、発注の際の参考にしてみてはいかがでしょうか?

これらの加工単価が、箇所の数だけ上乗せされます。ただし、加工箇所が大量になれば値引き出来るケースもあります。そのため、生産量や予算に応じて気軽に相談してみるのがおすすめです。そして、見積もりの作成にはMitsuriの利用が便利です。金属加工が得意な多数の職人を登録しているので、ぴったりの一社が見つかるでしょう。

工場には得意・不得意な分野があり、仕上がりや価格設定にも違いが見られます。しかし、自力で最適な工場を探そうとすると、時間や労力が掛かってしまいます。Mitsuriを利用すれば、それぞれの加工が得意な工場に分散して発注を掛けることも可能なので、より効率よく見積もりが作成できるでしょう。見積もり作成はウェブ上で完全無料で行っているため、ぜひ気軽に利用してみてください。


各加工の段取り費を乗せる

引用元:不二ライトメタル株式会社

段取り費とは、金属加工の段取りにかかる費用のことを指します。この中には、製造事務作業費、機械段取り費、材料ロス、取り外し費用などが含まれます。段取り費用は工夫次第で削減可能なので、コストカットのために見直しが行われることが多いです。


人件費を乗せる

引用元:カオナビ

金属加工には人件費がかかります。最近では機械のオートメーション化が進み、人件費を削減する取り組みも広がっていますが、必ずある程度の費用は見積もりに含まれます。しかし、人件費は工場によって差が大きく、加工の難易度によっても変わります。そのため、トラブルを防ぐためにも発注前によく確認するようにしましょう。

一般的には、小規模の工場の方が人件費の割合が高くなりがちという傾向が見られます。大量に受注している工場は設備投資も充実しており、人件費を少なく抑えています。ただし、きめ細かい対応や小ロットでの生産など、小規模な工場が向いているケースも多いです。生産する部材や状況に応じて、適切な工場に依頼するようにしましょう。


チャージを乗せる

引用元:村上中小企業診断士事務所

チャージとは、時間当たりの金属加工費のことを指します。チャージには原価ベースの「原価チャージ」と、見積もりに反映される「売値チャージ」がありますが、一般的には「売値チャージ」がよく使われます。切削加工などのシンプルな加工の場合、1時間当たり4000~5000円に設定されることが多いです。また、大型の5軸マシニングなどの複雑な加工になると、1万円程度になることも珍しくありません。

ここまで見積もりの出し方について説明してきましたが、よりお値打ちに板金加工をする際のポイントを紹介します。

費用を抑えるポイント

  • ①見積当日に契約すれば、値引き額をアップしてくれるケースがある。

  • ②複数の工場で見積もりを取り、より価格の低い工場を引き合いに出して値下げしてもらう方法もある。

  • ③大量発注すれば単価が下がる場合がある。

  • ④短い納期では追加料金がかかるケースがあるため、納期は長めに設定する。

  • これらのポイントはあくまで一例なので、必ず値引きしてもらえるとは限りません。また、非常識な価格の値引きばかり要求すると、結局工場側からの信頼が得られなくなってしまうのがデメリットです。そのため、発注の意思がある場合に、工場側にとっても利益となるラインを確保できる範囲で交渉してみるのがよいでしょう。交渉次第で数万円の値引きにつながることも珍しくないので、一度話し合ってみてはいかがでしょうか?



板金加工の見積もりならMitsuri

この記事では、板金加工の見積もりの流れについてご紹介しました。板金加工の見積もりの流れや価格について、具体的なイメージを掴んでいただけたのではないでしょうか。

板金加工についてお悩みの時は、ぜひMitsuriまでご相談下さい。Mitsuriでは、板金加工に限らず、素晴らしい加工技術を持った全国各地のメーカー様とお付き合いをさせていただいています。現在、協力企業は140社以上ございます。そのため、お客様にとって最適な加工方法や素材選択のお役に立つことが可能です。お見積もりは完全無料で行っています!

板金加工のお見積もりでお困りの際は、ぜひ気軽にMitsuriにお申し付け下さい!


小ロットの加工依頼をするならMitsuri

小ロットの加工依頼をするならぜひ、Mitsuriにお任せください!

Mitsuriなら、全国の協力工場に、簡単に見積もり依頼を出すことができます。協力工場は全国に140社あり、小ロットでの加工依頼をOKとしている工場に絞って見積もりすることも可能です

さらにMitsuriには多数の加工実績があるため、安心して依頼できるんです。

  • 「小ロットの依頼をするのが気が引けてしまって…」
  • 「普段の取引先には小ロットの発注は頼みづらい…」

等小ロットの加工依頼でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
関連記事
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。

Twitter
Facebook
Instagram
YouTube

前の記事

テストピースについて専門家が解説!用途や材質、サイズ、価格についてご紹介しています!

カンタン
見積り依頼