【協力工場300社以上】アルミ加工でお困りならMitsuriにお任せ。加工事例もご紹介!

アルミ | 2020年09月23日

軽量でありながら高強度を誇ることで、身近な製品にさまざまな用途で用いられるアルミニウム。鉄などに比べて比較的加工の容易な材ですが、特に初めて加工を依頼する際などのアルミ加工業者選びは難しいものです。

「アルミ材の切断、曲げ、抜き、溶接、切削などの加工を依頼したいけれど、初めてでどこに頼めばいいかわからない……」

「他の工場で断られてしまって、依頼先に困っている……」

探す中で、こんなお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

cta

Mitsuriで依頼できるアルミ加工の種類

①切断加工

レーザー切断機、シャーリング、タップ、タレパン、カッターソーなどのアルミ切断機を使用して、材を高速・高精度にカットします。

切断は、その後の工程に大きく影響し、最終的な製品の仕上がり・精度にも関わる重要な加工工程です。特にアルミはバリや反りが発生しやすいため、高精度なカットが求められます。

Mitsuriでは、高速・高精度な切断加工が可能です。小サイズの切り出し溝部分の難加工など、あらゆるシーンで正確な切断を実現します。

切断加工についてはこちら

【板金加工 切断】せん断やシャー切断などの切断加工を専門家が解説!

②曲げ加工

アルミ板金における曲げ加工では、ベンダー(折り曲げ機)を使用して直線的に折り曲げ加工を施すほか、R曲げ、V曲げ、Z曲げ、ヘミング曲げ、ロール曲げといったあらゆる曲げを、発注に応じて使い分けます。

特に小ロットでの発注の場合など、金型を用いず、叩いて成型する曲げ加工を採用することもあります。

アルミ材は、曲げやすいからこそ、精密な曲げ加工には熟練の技術と適切な加工が必須です。一度断られてしまった難加工も、Mitsuriにぜひお任せください。

曲げ加工についてはこちら

【曲げ加工】の基礎やV曲げ/L曲げ加工について徹底解説!!

③溶接

MAG溶接TIG溶接といった一般的なシールドガスアーク溶接に加え、スポット溶接やレーザー溶接、抵抗溶接などあらゆる加工法を駆使して材を溶接します。またアルミ材の場合は、比較的低温で溶着可能なろう付けが用いられることも多いです。

溶接加工は機械化が進んでいるものの、アルミ溶接において最後の仕上がりを左右するのはやはり人の経験と技術です。溶融点の低いアルミは、溶接するうちにどうしても歪みが発生してしまいます。また、厚みや求められる強度などによっても注意すべきポイントが異なるのですが、そんな微妙な作業の使い分けを行える職人が、Mitsuriの協力工場には揃っています。

溶接についてはこちら

溶接方法について専門家が解説!【協力工場130社以上】溶接でお困りならMitsuri!

④切削

切削加工は大きく分けて、固定した材に対して機械を回転させて切削するフライス加工と、材を回転させる旋削加工に分けられます。

フライス加工は材の表面加工に適しており、アルミの場合は特に鏡面仕上げなどを施す加工がこれに当たります。そのほかにも、穴あけや溝削りといったさまざまな加工が可能です。旋削加工では、パイプ状に加工した材にテーパ加工を施したり、中ぐり、ねじ切り、突切りといった加工を行うことができます。

アルミはその他の金属と比較して溶融点が低いうえに延性が大きいため、バリが発生しやすいのが難点です。対策として、良質な工具の選定が欠かせないほか、必要に応じてクーラントを使用するなどノウハウが求められます。そんな切削加工も、Mitsuriにぜひお任せください!

切削加工についてはこちら

【切削加工】切削加工の方法や特徴・種類を動画を交えてご紹介!!

アルミ加工についてわかったところで、

具体的にどれくらいの費用が掛かるのか

納品までどれくらいの期間が掛かるのか

などについて気になるのではないでしょうか。

そんな時はMitsuriにお任せ下さい!

cta


アルミ加工実績

引用:有限会社 相和シボリ工業

(170Φ×120Φ×560H・へら絞り加工)

引用:有限会社 相和シボリ工業

(20Φ×28Φ×90H・パイプ加工)

引用:多摩電子株式会社

引用:布施金属工業株式会社

(曲げ加工・溶接・仕上げ)



アルミ 加工を依頼するなら【アルミ加工のMitsuri】

アルミ加工を依頼するなら、ぜひ技術と経験を備えた熟練の工場に依頼しましょう。

Mitsuriでは、企業のご依頼だけでなく、個人での発注・見積もりにも対応しています。1個から、といった小ロットや試作のご依頼も大歓迎です!そして日本全国各地、どこからでもご相談可能です。

アルミ加工でお困りの際は、ぜひMitsuriにご相談ください!

cta



この記事を書いた人
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2020年11月10日
【チタン】とは!?チタンは他の金属とどう違うのかメリット・デメリットをご紹介!

【チタン】とは!?チタンは他の金属とどう違うのかメリット・デメリットをご紹介!

2018年12月13日
関連記事
  • アルミ板加工について加工の種類ごとにご紹介!
    • アルミ
    アルミ板加工について加工の種類ごとにご紹介!
    2020年07月13日
  • 【アルミ縞板】特徴や規格、価格、製品例についてもご紹介!
    • アルミ
    • アルミ縞板
    【アルミ縞板】特徴や規格、価格、製品例についてもご紹介!
    2019年10月01日
  • アルミ板の穴あけに関してご紹介!必要な工具や工場の手法に関しても解説!
    • アルミ
    • 穴あけ加工
    アルミ板の穴あけに関してご紹介!必要な工具や工場の手法に関し...
    2020年06月20日
  • 【アルミの基礎】アルミの加工上の特性やメリット/デメリットまで徹底解説!
    • アルミ
    • 基礎
    【アルミの基礎】アルミの加工上の特性やメリット/デメリットま...
    2018年12月10日
  • A2017(ジュラルミン)の強度|A2024・A7075との関係
    • ジュラルミン
    • アルミ
    A2017(ジュラルミン)の強度|A2024・A7075との関係
    2020年11月25日
関連記事
人気記事ランキング