アクリル樹脂焼付塗装のメリット・デメリットについて専門家が解説!

お役立ちTips

塗装
後処理
アクリル樹脂焼付塗装のメリット・デメリットについて専門家が解説!

引用:ウニスト株式会社 公式HP

アクリル樹脂は、透明性や屈折率が高く、衝撃にも強いことが知られています。そのため、ガラスの代用品として日用品や乗り物の窓、道路標識など幅広く用いられています。

実は、アクリル樹脂が焼付塗装に用いられる焼付塗料としても活躍していることはご存知でしょうか?

そこで、今回の記事では、アクリル樹脂焼付塗装が何かというところからメリット・デメリット、また製品事例についてもご紹介していきます。

「アクリル樹脂焼付塗装ってなに?」と思われている方はもちろん、アクリル樹脂焼付塗装の依頼を考えている方にも参考にしていただける記事ですので、ぜひ目を通していただきたいと思います。

小ロットの加工依頼をするならMitsuri

小ロットの加工依頼をするならぜひ、Mitsuriにお任せください!

Mitsuriなら、全国の協力工場に、簡単に見積もり依頼を出すことができます。協力工場は全国に140社あり、小ロットでの加工依頼をOKとしている工場に絞って見積もりすることも可能です

さらにMitsuriには多数の加工実績があるため、安心して依頼できるんです。

  • 「小ロットの依頼をするのが気が引けてしまって…」
  • 「普段の取引先には小ロットの発注は頼みづらい…」

等小ロットの加工依頼でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!


アクリル樹脂焼付塗装とは

まず、焼付塗装についてご説明します。

「塗装」と聞くと、色を付けることを思い浮かべる方が多いと思います。

ですが、一般的には材料の表面に塗料を塗ることを指します。

焼付塗装とは、焼付塗料に熱を加えて硬化させることによって塗装する方法です。そのため、焼付塗料とは熱を加えると硬化し、その後温度を変化させても個体の状態を維持し続ける熱硬化性を持つ樹脂でないといけません。

また、加える熱は使用する樹脂によって異なりますが、100℃以上の熱を加えなければならないので、この高温に耐えることができる材料(主に金属)にのみ塗装することができます。

そのため、焼付塗料として用いられることが多いのはメラミン樹脂やフッソ樹脂、そして今回ご紹介するアクリル樹脂です。

アクリル樹脂を用いたアクリル樹脂焼付塗装は、一般的に用いられるメラミン樹脂焼付塗装と比べて耐候性や耐薬品性に優れているため、1ランク上の仕上がりになります。そのため、屋外だけでなく屋内用途にも用いることができます。

ですが、注意点が1つあります。アクリル樹脂焼付塗装は、メラミン樹脂焼付塗装より高温の140℃~180℃で20~30分ほどの加熱乾燥が必要であるため、技術が必要になりすべての業者が扱っているわけではないです。

アクリル樹脂焼付塗装を依頼するときには注意してください。



メラミン樹脂焼付塗装との比較

引用元:有限会社井上塗装

アクリル樹脂焼付塗装が、最も一般的な焼付塗装法であるメラミン樹脂焼付塗装と比較してどのような違いがあるのか見ていきましょう。

●ガラス質である

アクリル樹脂焼付塗装とメラミン樹脂焼付塗装は共にプラスチックですが、アクリル樹脂焼付塗装はガラス質で高級感のある光沢を持ちます。

●焼付温度が高いため耐熱性に優れる

上述したように、アクリル樹脂焼付塗装では、焼付に140℃~180℃程度の高温が必要となるため、110℃~160℃程度で焼付可能なメラミン樹脂焼付塗装よりも焼付温度が高いです。そのため、耐熱性は、アクリル樹脂焼付塗装の方が高いと言えるでしょう。

●初期コストが高い

アクリル樹脂焼付塗装は、施工コストと塗料の価格が共にメラミン樹脂焼付塗装よりも高いです。

●長持ちするため長期的コストは低い

引用元:ナサ工業株式会社

アクリル樹脂焼付塗装は、メラミン樹脂焼付塗装より、耐候性・耐食性・耐汚染性・耐薬品性に優れています。そのため、アクリル樹脂焼付塗装の方が長持ちし、長期的なコストは低いと言えるでしょう。

なお、上の写真は、駅舎の設備部品で、ステンレスにアクリル樹脂焼付塗装を施したものです。

●屋外使用に耐える

メラミン樹脂焼付塗装は、紫外線に弱く、年数が経つと退色が生じる上、表面に粉が吹いたような状態となるチョーキングが発生することがあります。一方、アクリル樹脂焼付塗装にはこのような経年劣化は起きないため、アクリル樹脂焼付塗装の方が屋外製品に向いています。

●硬度が高い

アクリル樹脂焼付塗装は、メラミン樹脂焼付塗装よりも硬いです。そのため、曲げると、アクリル樹脂焼付塗装は割れが生じますが、メラミン樹脂焼付塗装はしなります。ですが、アクリル樹脂焼付塗装の方がキズが付きにくいです。

●密着性が高い

アクリル樹脂焼付塗装は、メラミン樹脂焼付塗装よりも密着性が高く、剥がれにくいです。

●塗膜を厚くできない

引用元:双葉塗装株式会社

アクリル樹脂焼付塗装とメラミン樹脂焼付塗装は、共に一回の塗装で10~15μm程度の膜厚が付きます。しかし、メラミン樹脂焼付塗装と異なり、アクリル樹脂焼付塗装は重ね塗りができません。そのため、アクリル樹脂焼付塗装は、塗膜を厚くできません。

なお、上図は、メラミン樹脂焼付塗装を複数回行うことで膜厚を100μmとしたものです。厚くすることで、耐久性や耐水性、耐候性などが向上します。

参考記事

メラミン樹脂焼付塗装については、以下の記事に詳細がありますので、ご覧ください。

メラミン塗装とは【3分でわかる】専門家がわかりやすく解説します!



アクリル樹脂焼付塗装のメリット・デメリット

引用元:切文字王.com

続いて、アクリル樹脂焼付塗装のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

アクリル樹脂焼付塗装のメリット

  • 透明性や屈折率が高い

  • 色付けできる

  • 高級感がある

  • 屋内だけでなく屋外用途にも使える

  • 塗装後、乾燥冷却して常温になればすぐに使える

  • 耐熱性に優れる

  • 耐候性に優れる

  • 耐食性に優れる

  • 耐汚染性に優れる

  • 耐薬品性に優れる

  • 耐久性に優れる

  • 硬度が高く、キズが付きにくい

  • 密着性が高く、剥がれにくい


アクリル樹脂焼付塗装のデメリット

  • 熱を加えられない素材には塗装できない

  • 初期コストが高い

  • ヒビや割れが生じることがある

  • 重ね塗りができない

  • 膜厚が付きづらい



アクリル樹脂焼付塗装はどんな製品に使われるの?

アクリル樹脂焼付塗装は加工が容易で耐薬品性・耐候性・耐食性・耐錆性が高く、屋外暴露しにくいため、日用品から屋内・屋外用品まで幅広く用いられています。

また、色艶を自由に選ぶことができる上に、焼き付けることで硬くなり、製品の装飾性および硬度が高くなります。

さらに、焼付塗装は小さな部分の塗装にも向いていて、細部にまでこだわって色を指定することができます。

そのため、金属製の工業製品や小物が多い装飾品にも用いられています。

引用:株式会社ワカヤマ 公式HP



アクリル樹脂焼付塗装の製品事例

アクリル樹脂焼付塗装がどのような製品に使用されているかお分かりいただいたところで、その具体例を見ていきましょう。

  1. 自動販売機

今や私たちの生活に欠かせない自動販売機。

手軽に飲み物を買うことができて、本当に便利ですよね。

屋内だけでなく、屋外にもたくさん設置されているため、高い耐候性が求められます。そのため、アクリル樹脂焼付塗装が用いられています。

また、綺麗な自動販売機の方が飲み物の購買欲がそそられますよね。そういった面でも、装飾性にも優れているアクリル樹脂焼付塗装が用いられている理由となっています。

こちらは主に機能塗料(機能性を上げるための塗料)として用いられています。


  1. ブレスレットやネックレス、指輪などのアクセサリー

身にまとうだけで華やかさがプラスされたり、ガラッと印象を変えることができるアクセサリー。

色の種類が豊富で、選ぶのも楽しいですよね。そのため、アクセサリーにも色と艶を自由に選択できるアクリル樹脂焼付塗装が用いられています。

こちらは主にカラー塗料(色を付けるための塗装)として用いられています。


この2つの例のほかにも、自動車や電車の部品やエアコンなどの空調機器、ショーケースなど数多くの製品の機能性や装飾性を上げるためにアクリル樹脂焼付塗装が役立っています。



まとめ

今回は、塗装の中の1つである焼付塗装、そしてアクリル樹脂焼付塗装についてご紹介しました。

アクリル樹脂焼付塗装は、材料の機能性(耐候性や耐薬品性など)や装飾性を高めるというメリットがありましたね。

その一方で、金属のように150度前後の高温に耐えうる材料にのみ塗装できることや技術が必要であるため塗装を行っている業者が限られていることがデメリットでしたね。

本記事を読んでいただいて、意外と自分の身近なところに、アクリル樹脂焼付塗装が使われている製品があると思ったのではないでしょうか?

今回ご紹介した製品事例はほんの一例ですので、まだまだ自分の身の回りにもアクリル樹脂焼付塗装が使われているものを見つけられるかもしれませんね。

材料の塗装にお困りでしたら、ぜひMituriにご相談ください。

Mituri日本全国に協力企業が100社ございます。

お見積もりは完全無料となっていますので、お気軽にご相談ください。

その他、加工のことでお困りでしたら、ぜひMituriにお任せください。


小ロットの加工依頼をするならMitsuri

小ロットの加工依頼をするならぜひ、Mitsuriにお任せください!

Mitsuriなら、全国の協力工場に、簡単に見積もり依頼を出すことができます。協力工場は全国に140社あり、小ロットでの加工依頼をOKとしている工場に絞って見積もりすることも可能です

さらにMitsuriには多数の加工実績があるため、安心して依頼できるんです。

  • 「小ロットの依頼をするのが気が引けてしまって…」
  • 「普段の取引先には小ロットの発注は頼みづらい…」

等小ロットの加工依頼でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!


この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
関連記事
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。

Twitter
Facebook
Instagram
YouTube

前の記事

【マグ溶接】マグ溶接原理や特徴を解説!!他の溶接との違いはどこにある?

次の記事

一般構造用圧延鋼材(SS材)とは?【専門家が解説】素人でも3分で判ります

カンタン
見積り依頼