— シェアする —
facebookTwitterlink

A6063の化学成分、機械的性質、強度、耐力

アルミ | 2021年04月22日

facebookTwitterlink

A6063は、A6000系(Al-Mg-Si系)のなかでも代表的な押出用合金です。A6061より強度は劣るものの、押出加工性が良好で複雑な断面形状でも成形できるほか、耐食性と表面処理性にも優れています。主な用途としては、サッシなどの建築用材・土木用材・車両用材・家電製品などに採用されています。

参考:アルミ合金の種類や特徴、用途について詳しく解説【専門家が語る】適切なアルミ番がわかります!

A6063の化学成分

  • <合金番号6063の化学成分(単位:%)>

合金番号

Si

Fe

Cu

Mn

Mg

Cr

Zn

Ti

その他

Al

個々

合計

6063

0.20~0.6

0.35

以下

0.10

以下

0.10

以下

0.45~0.9

0.10

以下

0.10

以下

0.10

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

引用元:JIS H 4100 アルミニウム及びアルミニウム合金の押出形材

A6063の機械的性質(引っ張り強さ、耐力、伸び等)

  • <合金番号6063の機械的性質>


合金番号


質別a)



引張試験

硬さ試験

試験箇所の肉厚

(mm)

引張強さ

(N/mm2)

耐力

(N/mm2)

伸びb)

(%)

試験箇所の肉厚

(mm)

HV5

A50mm

A

6063

T1

12以下

120以上

60以上

12以上

-

-

-

12を超え25以下

110以上

55以上

12以上

-

-

-

T4c)

25以下

130以上

65以上

12以上

14以上

-

-

T5d)

12以下

150以上

110以上

8以上

7以上

0.8以上

58以上

12を超え25以下

145以上

105以上

8以上

7以上

T6c)

3以下

205以上

170以上

8以上

-

-

-

3を超え25以下

205以上

170以上

10以上

-

-

-

T64c)

15以上

180以上

120以上

10以上

12以上

-

-

T66c)

10以下

245以上

200以上

6以上

8以上

-

-

10を超え25以下

225以上

180以上

6以上

8以上

-

-

a):質別は、JIS H 0001による。

b):伸びの測定は、標点距離の異なる次の二つの方法のいずれかを採用する。特に、注文者からの指定がない場合は、A50mmによる。ただし、A50mmの規定がない場合は、Aによる。

  • A50mm:50mm標点距離における伸び

  • A:5.65√S0の標点距離における伸び(S0:試験片の平行部の断面積、mm2)

c):押出後び冷却が制御され、室温で固溶状態が保たれた材料に適用してもよい。

d):質別T5の機械的性質は、引張試験又は硬さ試験のいずれかによる。

引用元:JIS H 4100 アルミニウム及びアルミニウム合金の押出形材

A6063の物理的性質(密度、比重等)

  • <合金番号6063の物理的性質>

質別

導電率

(20℃, IACS,%)

熱伝導率

(25℃、kW/(m・℃))

線膨張係数

(20~100℃×10-⁶)

縦弾性係数

(×1000Kg/kgf/mm²)

比重

溶解温度範囲

(℃)

T5

55

0.21

23.4

7.00

2.69

625~655

T6

53

0.20

23.4

7.00

2.69

625~655

引用元:阪根商事株式会社

A6063の加工性(押出加工性、耐食性、溶接の継手効率)

A6063はアルミ合金のなかでも代表的な押出用材料です。押出加工性に優れているため、高精度の製品を成形できます。また、アルミニウムの特徴である酸化皮膜を形成することから、耐食性も良好です。

溶接に関しては継手効率が低く、ビスやリベット、ボルトナットなどによる接合を採用しているケースが多いです。

参考:【押し出し加工】とは?仕組みや特徴、種類、製品例について徹底解説!

参考:【アルミの基礎】アルミの加工上の特性やメリット/デメリットまで徹底解説!

参考:アルミ溶接は難しい!?溶接方法を事例を用いて徹底解説!!

facebookTwitterlink
この記事を書いた人
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

facebook followtwitter follow
おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2021年02月22日
【チタンの特徴と用途とデメリット】チタンは他の金属とどう違うのか

【チタンの特徴と用途とデメリット】チタンは他の金属とどう違うのか

2021年02月08日
関連記事
  • 【Mitsuri加工実績】A5052の板金加工・切削加工等の見積り依頼をするなら!
    • A5052
    • 見積り
    【Mitsuri加工実績】A5052の板金加工・切削加工等の...
    2021年05月12日
  • A1100の特徴、用途、他のアルミ合金との違い
    • A1100
    • アルミニウム
    A1100の特徴、用途、他のアルミ合金との違い
    2021年05月06日
  • A2011の特徴、成分、機械的性質、使い方
    • A2011
    • アルミニウム
    A2011の特徴、成分、機械的性質、使い方
    2021年04月29日
人気記事ランキング