金属加工品の見積をWEBで取るメリット・デメリットを解説!

投稿 更新
Category:
金属加工

contents section

なぜ部品のWEB調達に抵抗感が出るのか

昨今ではWEB上で何でも買える時代になりました。しかしながら、WEBで敢えて買わないよう避けられているものもあります。

服や靴のように、個々人の好みやサイズで合う・合わないが分かれるものや、高価な商品は、WEB購入の際の失敗リスクを考慮して避けられがちです。

では、受注生産の金属加工品はどうでしょうか。

製造業では品質やミスのなさが重要となります。ましてや個人が使用するものではなく、企業間の取引に使われるものですので失敗のリスクがとても心配されます。

単価も1件あたり数万円から数十万円以上と、金額が高いことも挙げられます。

「失敗できない」「失敗したらリスクが大きい」という理由から避けられる傾向にあります。

そんな中、金属加工品も近年WEB上で発注できるようになってきています。WEB発注には様々なメリットがあるためです。

オンラインで行える金属加工品の見積もりや発注に関するメリット・デメリットを紹介します。これを正しく理解し、ネット注文を上手く活用してみましょう。

WEB調達のメリット

メリットは主に、手間削減、時短、コスト削減にあります。

WEBサービスの普及による恩恵が大きいものです。

手間の軽減

一番のメリットは手間が削減されることです。

従来の調達方法では、実際に調達するまでに沢山の時間と多くの手順が必要です。

  1. 加工可否を工場に問い合わせ、打合せを行う
  2. 図面を提出する
  3. 御見積書を受け取る
  4. 工場を訪問して過去の実績やサンプルを確認し、品質に問題がないか確かめる
  5. 新規の取引口座を開設する
  6. 発注する

このように多くの手順を踏みますので、初回取引までに早くても2週間から1ヶ月以上の時間が必要となります。

しかしWEB上では、オフィスや工場を訪れることなく、自宅やオフィスから簡単に見積もりを取得し、発注まで行えます。

  1. 図面をアップロードし、加工可能かの判断を受ける
  2. 御見積書を受け取る
  3. ホームページや過去の評価を基に品質に問題がないか確認する
  4. 発注する

という手順になりますので、見積依頼から初回取引まで最短で当日中に行えるようになります。

時間の節約

手間が減るということは、同時に時間の節約にも繋がります。

例えば、各企業への移動時間や、図面を紙に印刷し、宛名や注意事項を書き込む時間が削減できます。さらに、一度の見積依頼で複数企業に相見積もりを依頼することが可能となり、同じ作業の繰り返しにかかる時間も省くことができます。

実際に各企業を訪問する場合、近くても準備や移動を含めると片道15分以上はかかることが一般的です。この移動時間に、アポイントメントの調整や日程のやりとりの時間を加えると、一度の訪問準備に1時間以上を要することも考えられます。

このような時間の削減は、残業の減少や定時での帰宅を実現させるだけでなく、余った時間を他の業務に活用することも可能になります。

24時間利用可能

通常のビジネス時間に縛られることなく、いつでも見積もりを取得することが可能です。

見積依頼をする側も、見積依頼を受ける側も時間の制約を受けずに柔軟に対応できるようになります。待ち時間や手持ち無沙汰の時間がなくなりますので、各人の業務効率が上がります。

コストの透明性

サービスによっては工場に直接見積依頼を送るため、工場が直接提供する単価の見積もりを受け取ることができます。これにより、多重下請け構造による重複した手数料の発生を避けることができます。

さらに、一度の見積依頼で複数の工場に依頼を送ることが可能なサービスも存在します。複数の工場からの見積もりが届くと、それらを簡単に比較することができます。提供された見積もりを一覧で確認し、最も適したものを選んで発注することが可能となります。

WEB調達のデメリット

悩むサラリーマン

デメリットは主に不安感にあります。

日常生活のネットショッピングでも安心感を持てない商品やサイトからは買わないことと一緒です。

実物やサンプルの物理的な確認ができない

製品のサンプルを直接確認するには、有償でサンプルを製作することになります。

工場を直接訪問すると、その場でサンプルを見ることができますが、ネット上での取引だと写真を元に製品を確認することになります。

ただ、品質を確認する初期段階では、多くの企業がその製品のホームページを参照しています。例えば、ホームページで製品が高品質に見える、またはISO認証を取得していることを確認した上で、アポイントメントを取るケースが多いです。

つまり、多くの場合、写真やISO認証情報を元に品質を判断しています。ホームページ上で製品が丁寧に紹介され、安心感を与える内容であれば、「この企業との取引を検討しよう」と考えるきっかけとなります。

コミュニケーションの欠如

WEB上での取引では、対面でのコミュニケーションが伴わないため、文章や図面上でのみのやりとりになります。テキストコミュニケーションが苦手な方は、文章を通じて要点や要望を伝えきれずストレスに感じてしまう場合があります。

ただ、見積に大切な要点をしっかりおさえた上で見積依頼をすると、コミュニケーションの不安は減ります。

  • 図面
  • 材質
  • 個数
  • 納品地
  • 見積期限
  • 希望納期
  • その他備考

これらの点をクリアにして見積依頼をかけるとスムーズなコミュニケーションを行えます。

当社が運営しているMitsuriでは、テンプレートで記入欄を用意しておりますので、これらの要点を忘れずに依頼をすることができます。

セキュリティの懸念

会社情報や個人情報を入力する際、セキュリティの不備や情報漏洩のリスクが懸念されるかもしれません。また、図面の添付ミスや入力ミスによる予期せぬ情報の漏洩の危険性も考えられます。

しかし、Mitsuriでは外部企業のセキュリティ調査を一度でクリアしております。

見積依頼をかけた図面を確認できるのは、Mitsuriに登録されたサプライヤー(工場)とMitsuri運営のみです。ご安心してご利用ください。

まずは一度試してみてはいかがでしょうか

金属加工品のWEB見積・調達も、日常生活のネットショッピングも共通点があります。

最初は抵抗感があっても、安心感があったり不安を拭えると調達を試してみようと思える点です。

WEBで見積から調達まで完結させることにはメリットがたくさんあります。一度WEBで見積・調達がうまくいけば、次回もWEBで調達しようと思えるでしょう。

MitsuriではWEB見積が無料でできます。試作品や小部品から対応しています。ぜひお試しください!

Category:
金属加工

related post

関連記事

\ お持ちの図面を登録するだけ! /