タップ溶接を解説!【専門家が語る】素人でも3分で理解できます!

お役立ちTips

溶接
タップ溶接を解説!【専門家が語る】素人でも3分で理解できます!

引用元:工場タイムズ

溶接とは、一般的に金属を熱でとかし二つ以上の部材を繋ぎ合わせることです。その歴史は古く、日本では弥生時代には溶接が行われていたとされています。

溶接方法も多岐に渡り、必要に応じて使い分けることが大切です。

今回は、数ある溶接方法の中から「タップ溶接」について解説していきます。

金属加工部品の調達ならMitsuri

金属加工部品の調達でお困りなら是非、Mitsuriにご相談ください!
Mitsuriなら、板金加工、機会加工を専門にしている工場から一括見積もりを取ることができます。協力工場は全国に140社以上あり、部品・材質毎に最適な工場を見つけることが可能です!!さらに多数の加工実績があるため、安心して依頼できます!

  • 「部品毎仕分けするのが面倒…」
  • 「部品毎に工場を探すのが手間…」

等調達でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!

タップ溶接とは

引用元:溶接・溶断の専門記事

タップ溶接は別名「点付け溶接」とも呼ばれます。その名の通り、金属同士を点でつなぐ溶接方法です。上の画像をみると分かりやすく理解出来るのではないでしょうか。強度がそこまで必要ないものには手間・コストの面でタップ溶接を用います。


タップ溶接の溶接方法は、アーク溶接(空気中の放電現象を利用した溶接)が主に用いられます。その中でもすみ肉溶接やティグ溶接でタップ溶接が多く用いられます。上の画像はティグ溶接でタップ溶接をしたものです。


すみ肉溶接でタップ溶接を行う場合には、「断続すみ肉溶接」とも呼ばれます。タップ溶接には用いる溶接法によって様々な呼称があるのです。


引用元:機械加工+溶接.com

タック溶接との違いについて

タップ溶接は強度があまり必要でない部位に本溶接として用いられます。

点でつなぐタップ溶接と類似した溶接方法で「タック溶接」があります。タック溶接も点でつなぐ溶接方法ですが、主に仮止めの意味で用います。本溶接の前に断続的に位置づけをする為の溶接方法で、そのまま本溶接として用いるタップ溶接とは異なります。


スポット溶接との違いについて

また、その他にタップ溶接はスポット溶接(点溶接)とも混同されることがあります。

タップ溶接は主に隅肉溶接など直角の溶接に用いられる方法ですが、スポット溶接は2枚の金属に加圧しながら大電流を流して溶接をすることで、局所的に溶融される為、結果的に点で溶接されるのです。

参考

スポット溶接に関しては、下記の記事で詳しく解説しているので、更に深く知りたい方は是非ご覧ください。

スポット溶接とは【専門家が解説】 他の溶接との違いをわかりやすく お伝えします!


タップ溶接が用いられるケース

一般的に溶接でステンレスなど歪みやすい材料の接着面全てを繋ぎ合わせると、高い強度を得ることができますが、溶接の熱によって歪(ひずみ)や反りなどの変形が起きてしまいます。すると、歪み取り作業が必要となり、さらに手間とコストがかかります。そこで、工業機械の外面カバーなど、強度がそこまで必要でない場合にタップ溶接が用いられるのです。

引用元:株式会社 第一工業所


タップ溶接は上の画像のような「すみ肉溶接」でよく見られます。金属同士をT字につなぎ合わせる際に、材料の強度や厚さ、耐熱性に合わせて必要な部分だけを溶接します。その際、溶接の長さや幅、間隔が重要になります。溶接部分が長すぎたり幅が太くなったりすると、材料によっては熱に耐えきれず、歪みや反りなどの変形を起こしてしまいます。また、間隔が狭くても同様に変形を起こしたり、逆に広すぎても強度が足りなくなります。熟練の溶接工のカットは、積み重ねた経験から判断し適切な量でのタップ溶接を行うのです。

まとめ

今回は、タップ溶接について説明していきました。


タップ溶接は「無駄を省き点のように溶接する」というメリットのもとで用いられる溶接方法です。そのため、「ティグ溶接」や「すみ肉溶接」など様々な溶接法で行われたり、仮止めの意味の「タック溶接」のように似た溶接法があるので、混同しないよう注意が必要です。


また、用途や材質に合わせて適切な溶接方法を選択することは、時間や手間を省き、コストカットに繋がります。しかし、精度や加工の難易度に応じて検討したいけどよく分からない・・・そんな方はぜひMitsuriにお任せください!

金属加工部品の調達ならMitsuri

金属加工部品の調達でお困りなら是非、Mitsuriにご相談ください!
Mitsuriなら、板金加工、機会加工を専門にしている工場から一括見積もりを取ることができます。協力工場は全国に140社以上あり、部品・材質毎に最適な工場を見つけることが可能です!!さらに多数の加工実績があるため、安心して依頼できます!

  • 「部品毎仕分けするのが面倒…」
  • 「部品毎に工場を探すのが手間…」

等調達でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!



この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
関連記事
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。

Twitter
Facebook
Instagram
YouTube

前の記事

【熊本で金属加工を依頼するなら!】技術力が高い金属加工メーカー5選!

次の記事

マグ溶接を徹底解説!【専門家が語る】素人でも3分で理解できます!

カンタン
見積り依頼