SUS302B(ステンレス鋼)機械的性質、化学成分

オーステナイト系ステンレス | 2021年01月26日

ステンレスは、耐食性・加工性・強度などに優れ、世界中で幅広い用途に使用されており、今日では私たちの生活に欠かすことのできない材料の一つです。

今回は、ステンレスの中でもオーステナイト系のステンレス鋼に分類される「SUS302B」をテーマに、その性質や用途について、解説いたします。また、SUS302Bの化学成分や機械的性質についても、SUS302やSUS304などといった、その他のオーステナイト系のステンレス鋼と比較しながら、詳しくご説明いたします。

これから、SUS302Bを用いた金属加工を検討している方や、SUS302Bについて知識を深めたい方はぜひご一読ください。


参考:【SUS(ステンレス)種類と見分け方】用途・特徴を専門家が徹底解説!

cta

SUS302Bの特徴と用途

ステンレスは、マルテンサイト系・フェライト系・オーステナイト系に分類されます。その中でもSUS302Bは、オーステナイト系のステンレス鋼に該当します。

SUS302Bは、同じオーステナイト系のステンレス鋼であるSUS302を基本として作られています。SUS302は、炭素を多く含有するステンレス鋼となっています。オーステナイト系ステンレス鋼の中でも最も代表的な材質であるSUS304と比較しても、炭素量が多く、より強度に優れているという特徴を有します。

また、SUS302Bは、SUS302よりも耐熱性や耐酸化性を高めた材質で、自動車排ガス浄化装置や、工業炉等高温装置材料など、高温下で長時間利用される製品などに用いられています。


参考:SUS302(ステンレス鋼)密度、比重、質量、機械的性質

参考:SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

Mitsuriでは、SUS302Bのほか、さまざまなステンレス材の加工に対応している多数のメーカーと提携しています。お見積りは無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。



SUS302Bの化学成分

<SUS302Bの成分、組成(単位:%)>

引用元:ステンレス鋼(SUS)専門情報サイト susjis.info

SUS302Bの化学成分を上表に示しました。

SUS302との成分上の違いは、シリコン(Si)の割合です。SUS302のシリコン量は1.00%以下であるのに対し、SUS302Bでは2.00~3.00%となっています。なお、SUS304においてもシリコン量は1.00%以下となっており、SUS302Bではよりシリコンの添加量が多いことが分かります。

一般に、ステンレス鋼において、シリコンは耐熱性及び耐酸化性を高められる目的で添加されます。一方、シリコンの量を増加することで、硬度が上がり加工性が低下するという短所もあります。

また、前述した通り、SUS302、SUS302Bは高炭素系のステンレス鋼です。SUS304では0.08%以下であるのに対し、SUS302、SUS302Bでは0.15%以下となっています。一般に、炭素量をより多く添加することで、強度及び硬さを向上させることができるというメリットがある一方、耐食性を低下させるというデメリットもあります。

なお、SUS302及びSUS302Bの構成元素(C、Si、Mn、P、S、Ni、Cr)は、SUS304と同じです。これらは、オーステナイト系ステンレス鋼の基本的な成分組成となっています。また、SUS302の構成成分を基本として、SUS304もつくられました。



SUS302Bの機械的性質

<SUS302Bの機械的性質>

引用元:ステンレス鋼(SUS)専門情報サイト susjis.info

SUS302Bの機械的性質を上表に示しました。耐力、引張強さ、伸びに関しては、SUS302及びSUS304と同じです。一方、硬さに関しては、SUS302Bではシリコンをより多く含有していることから、SUS302やSUS304と比較して高くなっています。

cta

この記事を書いた人
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2020年11月29日
【チタン】とは!?チタンは他の金属とどう違うのかメリット・デメリットをご紹介!

【チタン】とは!?チタンは他の金属とどう違うのかメリット・デメリットをご紹介!

2018年12月13日
関連記事
  • SUS317L(ステンレス鋼)比重、用途、成分
    • SUS317L
    • オーステナイト系ステンレス
    SUS317L(ステンレス鋼)比重、用途、成分
    2021年01月14日
  • SUS304N2(ステンレス鋼)切削性、機械的性質、成分
    • SUS304N2
    • オーステナイト系ステンレス
    SUS304N2(ステンレス鋼)切削性、機械的性質、成分
    2021年01月27日
  • SUS302(ステンレス鋼)密度、比重、質量、機械的性質
    • sus302
    SUS302(ステンレス鋼)密度、比重、質量、機械的性質
    2021年01月07日
  • SUS303(ステンレス鋼)規格、成分、機械的性質
    • SUS303
    • オーステナイト系ステンレス
    SUS303(ステンレス鋼)規格、成分、機械的性質
    2020年12月21日
  • SUS202(ステンレス鋼)成分、硬度、比重、用途
    • SUS202
    • オーステナイト系ステンレス
    SUS202(ステンレス鋼)成分、硬度、比重、用途
    2020年12月23日
関連記事
人気記事ランキング