カテゴリ

Mitsuriでどんな取引が行われている?
新しい機能を使ってどう新規取引につなげる
‍そんな疑問に毎月メールでお届けします

 
YouTube

SUM21(硫黄および硫黄複合快削鋼鋼材)成分、加工性

SUM21は、切削性及び加工性に優れる「SUM材」の一種です。SUM21は、S(硫黄)を少量添加することで、切削性を向上させた快削鋼であり、「硫黄および硫黄複合快削鋼鋼材」とも呼ばれます。特に切削性を重視する場合に利用され、一般機械部品などの用途として広く用いられています。

参考:【切削加工とは?】特徴・種類・注意点を動画と一緒にご紹介します!

SUM21の特徴(切削性、加工性)

SUM材は、SS400、SGD材などの鉄鋼材料と比較して、「切削性」及び「加工性」により優れた材質です。そのため、SUM材は快削材、快削鋼と呼ばれています。中でも、SUM21は、特に切削性に優れている材質です。

SUM21の化学成分

<SUM21の成分、組成(単位:%)>

材料記号 C Mn P S Pb
SUM21 0.13以下 0.70~1.00 0.70~0.12 0.16~0.23 -

引用元:JISG4804:硫黄及び硫黄複合快削鋼鋼材

SUM21の化学成分を上表に示しました。

SUM21の炭素(C)含有量は0.13%以下となっており、SUM材の中でも「低炭素快削鋼」に分類されます。

また、SUM材は切削性及び加工性に優れると前述しましたが、それは快削性元素と呼ばれる、S(硫黄)、P(リン)、Pb(鉛)の元素の添加によるものです。SUM21では、S(硫黄)及びP(リン)の元素を添加することで、加工性を改善しています。

SUM21の分類(S快削鋼とPb快削鋼)

SUM材は、その添加元素によってS快削鋼とPb快削鋼に分類されます。S快削鋼は、S(硫黄)を添加した材質で、特に材料の切削性を重視する場合に用いられます。

前述したSUM21の成分から分かる通り、SUM21も「S快削鋼」に分類されます。また、Pb快削鋼は、Pb(鉛)を添加した材質で、特に材料の機械的性質を重視する場合に利用されます。

最後までお読みいただきありがとうございます。
\ 記事のシェアはこちら /
NEW!!
PICK UP!!

溶接記号一覧 読み方、書き方をわかりやすく解説

PICK UP!!

フランジとは?種類・形状・規格・材質など詳しく解説

Mitsuriでどんな取引が行われている?
新しい機能を使ってどう新規取引につなげる
‍そんな疑問に毎月メールでお届けします

 
PICK UP!!

溶接記号一覧 読み方、書き方をわかりやすく解説

PICK UP!!

フランジとは?種類・形状・規格・材質など詳しく解説