スリット加工とは?方法、用途、メリット、工程を解説

2023-11-06

今回はスリット加工の基礎知識について解説します。

スリット加工は、スリッター機を使って、ロールしてある材料を一定の幅に連続して切断し、再度ロールとして巻き上げる加工を指します。

スリッター加工は金属の加工だけでなく、紙・不織布・フィルム・粘着テープといった材料に対しても行われており、幅広い業界で利用されています。

スリット加工とは

引用元:日本スリッター工業株式会社 スリッターとは?

スリット加工(別名:スリッター加工)とは、紙・不織布・フィルム・粘着テープ・金属など、さまざまな材質のロール状のシートを任意の幅に切断し、再度ロール状に巻き取る加工のことを指します。スリット加工を行う機械のことをスリッター機と呼びます。また、ミリ単位の細幅でスリット加工を施すことを、マイクロスリット加工と呼びます。

スリット加工は、上刃と下刃の間に材料を通したところに刃を嚙み合わせて切断を行う仕組みです。

上刃と下刃には隙間があり、材料に合わせて適切な設定をしないと切断面にダレ・バリ・カエリが発生します。このことから、高い精度でスリット加工を行うには作業者の経験値が要求されます。

スリット加工の用途

スリット加工は、加工の仕組みによっては狭い幅の材料に対しても対応が可能なほか、用途に応じた長さに切断することもできます。

スリット加工に対応する材料は、紙・不織布・フィルム・粘着テープ・金属などと幅広く、さまざまな業界で活用されています。

スリット加工のメリット

スリット加工と似た加工方法に、大根切り(別名:押し切り)があります。大根切りとは、ロール状の材料に対して、大根を切るように刃を押し当てて任意の幅に切る加工のことです。

スリット加工は大根切りに比べて、ロールの長さを自由に変えることができます。これは、ロールした材料を直接切断する大根切りと違い、スリット加工がシートを巻き返しながら指定の幅に加工する仕組みのためです。

そのため、指定の長さに切断したいときにスリット加工が採用されています。また、連続した1枚のシートを切断していくので、幅の精度も良好です。

一方で大根切りは、材料の長さを変えることができないものの、必要な分だけすぐに加工できるメリットがあります。

スリット加工の工程

ここでは、金属のスリット加工の工程について解説します。

  1. アンコイラーへ材料をセット

引用元:株式会社日本クロス圧延 スリット加工の工程

始めに、コイルを巻き戻しやたわみを制御する装置であるアンコイラーへ材料をセットします。

  1. 材料を任意の幅に切断

引用元:株式会社日本クロス圧延 スリット加工の工程

カッターとスペーサーを組み合わせることで、スリット幅を決定し、材料を切断していきます。加工業者により、加工できる厚み・幅・長さは異なります。

  1. 切断した材料の巻き取り

引用元:株式会社日本クロス圧延 スリット加工の工程

切断した材料を巻き取り装置に送ります。このとき、スリット加工する材料の厚みや幅によって、適切な張力で巻き取ります。

  1. スリット加工の完成

引用元:株式会社日本クロス圧延 スリット加工の工程

完成したコイルは、しっかりと巻かれているため、崩れにくい状態で出荷されます。

実際にスリット加工を行っている様子は、以下の動画を参考にしてみてください。

スリット加工の方法、方式

スリット加工の切断方式は、主に「シャースリット方式」と「ギャングスリット方式」の2種類があります。

シャースリット方式

引用元:MSR株式会社 スリット加工

シャースリット方式は、窪みのある下刃に上刃を挿入する形で材料を切断する方式です。シャースリット方式は、端面精度が安定しており、薄くて柔らかい材料の切断や、メーター数の長い材料の切断に適しています。

ただし上刃と下刃の間に隙間があるため、折れやダレが出やすく、細い幅の材料を切断するのは不向きです。

ギャングスリット方式

引用元:MSR株式会社 スリット加工

ギャングスリット方式は、同形状の上刃と下刃を嚙み合わせて切断する方式です。ギャングスリット方式は、左右どちらの端面もダレや折れがなく、細い製品幅の切断に適しています。

しかし、セットに手間がかかり、精度を出すには管理面で気をつかう必要があります。また、巻きが緩くなる場合があるため、メーター数の長い製品には不向きです。

メルマガ購読

Intuit Mailchimp

カテゴリ一覧