生産管理の自動化を徹底解説!対象・メリット・成功ポイントも詳しく紹介

生産管理を自動化したい、自動化のメリットを知りたい、と考える担当者もいるかと思います。生産管理で自動化に成功すれば、従業員の労働環境も改善し、従業員の満足度も向上するでしょう。需要予測も可能となり、企業の売上アップにもつながります。

そこで本記事では、生産管理の自動化について、自動化対象・メリット・成功ポイントを詳しく解説していきます。

生産管理における自動化対象

まずは、生産管理における自動化対象について、以下3点を説明します。

  • 生産・調達計画
  • 品質検査
  • 設備保守

それぞれ、一つずつ見ていきましょう。

生産・調達計画

1つ目は、生産・調達計画です。

生産・調達計画は、作業員が担当すると経験が介入し、予測に誤差が生まれる可能性があります。そこで、機械学習やAI技術を活用し、過去のデータや市場トレンドを基に将来の製品需要を予測すれば、正確な需要予測が可能となるでしょう。予測結果に基づいて、生産計画や資材調達計画を立案すれば、生産ラインの稼働率や在庫の作成量を最適化できます。

生産・調達計画の自動化により、製品の品質維持と納期遵守することが可能です。

品質検査

2つ目は、品質検査です。

近年では、人手不足に悩む製造業も多く、深刻化すると品質管理も疎かになることが考えられます。

そこで、機械学習やディープラーニング(深層学習)を活用して自動化を図れば、品質検査の精度向上が可能です。これまで作業員が目視検査していたことに比べ、正常な製品と不良品を見分けるスピードが上がり、正確かつ効率的に検査できるでしょう。

品質検査を自動化すれば、高速で大量のデータを正確に処理できます。処理した結果を元にデータ分析し、検査プロセスの改善点を見つけ出すこともでき、改善点も迅速に反映できるでしょう。

設備保守

3つ目は、設備保守です。

従来では、熟練作業員が設備保守を実施しており、多くの時間と労力が必要でした。AIを活用することで、設備保守業務の効率化を実現し、事故発生予防にもつながります。

たとえば、ロボットや自動化システムを利用して、メンテナンス作業を自動化すれば、24時間365日体制で、休みなく設備チェックが可能です。

設備保守を自動化すれば、夜間に人間が対応する必要がなくなります。定期的に設備保守することで、設備の寿命を延ばし、コスト削減にもつながります。

生産管理の自動化が企業にもたらすメリット

生産管理の自動化が企業にもたらすメリットについて、以下3点を説明します。

  • 労働環境改善
  • 需要予測
  • 組織間のスムーズな共有

それぞれ、一つずつ見ていきましょう。

労働環境改善

1つ目のメリットは、労働環境改善です。

これまで現場の熟練作業員が行っていた業務の一部を、機械やシステムで行えます。これにより、労働者はより高度なスキルを持つ仕事や、戦略など創造的な業務に注力できるようになり、働きがいを感じられるでしょう。

また、部品の品質チェック、危険性の高い作業も自動化すれば、労働者の作業負荷を軽減できます。従来よりも労働量や労働時間が減り、従業員の健康維持が可能です。

生産管理を自動化すれば、これまで生産現場で熟練作業員が行なっていた業務を機械やコンピュータで対応でき、従業員の作業負荷軽減、労働環境改善に役立てられます。

需要予測

2つ目のメリットは、需要予測です。

需要計測では、市場や顧客の需要を正確に把握し、適切な生産量や在庫レベルの計画が大切です。自動化技術を活用すれば、需要計測の精度が向上し、顧客満足度が向上します。

たとえば、市場や顧客からのデータをリアルタイムで収集・分析することで、需要の変化やトレンドを迅速に把握し、適切な生産計画や在庫管理を実現できるでしょう。

機械学習やAI技術を活用すれば、従来よりも高い精度で将来の需要を予測し、生産や在庫管理に反映できます。

自動化により、市場や顧客の需要変動に対してタイムリーに対応でき、受注時の商品生産や在庫作成それぞれのプロセスを、柔軟かつ迅速に対応可能です。従来のような作りすぎや、人による急な工程変更もなくなり、ムリ・ムダの削減にもつながるでしょう。

組織間のスムーズな共有

3つ目のメリットは、組織間のスムーズな共有です。

生産管理を自動化すれば、生産ラインに必要な情報を可視化し、組織をまたいだ共有が可能です。たとえば、在庫情報と販売情報、それぞれ別の組織が管理しているデータをリアルタイムに確認することで、在庫の超過や過不足などの問題も解決できるでしょう。

生産管理を自動化するシステムでは、生産に関連するデータを一元管理しています。そのため、企業内の複数部門やチームがいつでも同じデータにアクセスでき、リアルタイムな情報共有が可能です。

生産管理の自動化によって、組織間のスムーズな共有を実現でき、企業全体の評価も向上します。

生産管理の自動化を成功させるポイント

生産管理の自動化を成功させるポイントとして、以下4点を説明します。

  • 目的の明確化
  • 課題の明確化
  • 組織連携
  • AIが適している分野の把握

それぞれ、一つずつ見ていきましょう。

目的の明確化

1つ目のポイントは、目的の明確化です。

自動化で何を実現したいのか、明確な目的を持つことで、適切な自動化手段の選択、効率的に結果を達成できます。目的が曖昧なまま自動化を進めれば、自動化そのものが目的となってしまい、思うような結果を得られないです。

また、目的が明確であれば、その目的に適した生産管理システムの選択も容易になります。

目的を明確化するときには、最初にどの業務やプロセスを対象にするかを考えることが重要です。企業にとって最も重要な課題や効果が大きい領域に焦点を当てることで、効率的な自動化を実現できます。

課題の明確化

2つ目のポイントは、課題の明確化です。

企業や組織が直面している課題や問題点を明確化することで、何に対して自動化すべきか明確になり、自動化をスムーズに進められるでしょう。

たとえば、不良品の発生・異物混入・品質が一定ではないなどが挙げられます。課題を明確にすることで、その課題に対応する適切な手段、システム導入を選択しやすくなります。

課題の明確化は、生産管理を効果的・効率的に進めるために欠かせないステップです。企業が抱える課題や問題点を明らかにしてから、自動化に取り組みましょう。

組織連携

3つ目のポイントは、組織連携です。

組織間で必要な情報を、スムーズに共有できれば、生産管理の自動化も円滑に進み、効果的な結果も得られやすいです。

たとえば、異なる部門やチームが自動化に関連する知識やスキルを、システムなどで共有できれば、プロジェクトに関わるメンバーが課題解決に協力しやすくなります。
問題が発生したときも、現在のステータスや課題を迅速に共有でき、解消スピードもアップするでしょう。

AIが適している分野の把握

4つ目のポイントは、AIが適している分野の把握です。

自社のどの業務やプロセスでAIが最も効果を発揮するのかを事前に理解した上で、自動化を図ることが必要です。

AIが得意な分野として、たとえば繰り返し行われている作業、24時間365日チェックが必要な作業が挙げられます。そのような業務を自動化すれば、生産管理も効率的に進むでしょう。

AIが得意とするIT領域にシステムなどを活用すれば、人間を超えるスピード・精度で対応できるようになり、生産性向上やコスト削減も実現します。

生産管理を自動化に向けたツールの選び方

生産管理を自動化に向けたツールの選び方として、以下6点を説明します。

  • 機能
  • 操作性
  • 導入形態
  • 自社の生産方式
  • コスト
  • サポート体制

それぞれ、一つずつ見ていきましょう。

機能

1つ目は、機能です。

生産管理を自動化できるシステムとして、豊富な機能が搭載されているものもあります。機能が多ければ多いほど便利ではなく、自社にとって必要な機能が搭載されているかをしっかりと確認することが必要です。

企業の課題を解決してくれる機能を持つツールを導入すれば、日々の作業効率も向上するでしょう。従業員の作業負担を軽減するとともに、業務プロセスもスムーズに進みます。

また、社内の他システムと連携が必要なケースでは、APIなどの外部連携機能が必要ともいえます。

上記の通り、企業に必要な機能が搭載されているツールを選ぶことで、組織全体での情報共有や連携がスムーズになるでしょう。ツールを選ぶときは機能数ではなく、自社が必要としている機能が搭載されているかをしっかりと確認することが大切です。

操作性

2つ目は、操作性です。

生産管理を自動化するツールは、機能がいくら優れていても、自社担当者が使ってみて使いづらいと全く意味がありません。

操作性がよくないと、業務に混乱を招く恐れがあります。また、担当者が機能を使いこなせないことから、運用開始後すぐに他のシステムに乗り換えを検討する理由にもつながってしまいます。

操作性を確認するためには、無料トライアルやデモを活用することが重要です。まずはお試しで利用してみて、自社担当者が大変と感じることなく操作できるかを確認しましょう。

導入形態

3つ目は、導入形態です。

ツールには、オンプレミス・クラウドなどの導入形態があります。

オンプレミスとは、自社にサーバーを設置して、システムを稼働させる導入形態です。初期費用が高い傾向にありますが、システムのカスタマイズが容易で、独自の要件に対応しやすい、といった特徴があります。

クラウドサービスは、パソコンからインターネットを介してサーバーやシステムを利用する導入形態です。初期費用が低く、利用する分だけ費用を払うだけですみます。システムのアップデートやメンテナンスが容易で、自社の運用負荷を減らすことが可能です。

それぞれ、コストや運用が異なるため、企業の要件やリソースに応じて、適切な形態を選択することが必要です。

自社の生産方式

4つ目は、自社の生産方式です。

自社の生産方式に適したツールを選ぶことで、効果的な自動化が実現でき、生産効率が向上することが期待できます。

代表的な生産方式として「ライン生産方式」や「ロット生産方式」、「個別生産方式」があります。

ツールには、全ての生産方式に対応しているものや、一部に限定されているツールもあります。自社の方式に対応しているツールを選ぶべきです。

コスト

5つ目は、コストです。

ツールを選ぶ際は、コストを考慮することで、企業の予算内で効果的な自動化を実現できます。

ツールの導入にかかる初期費用や運用にかかる費用、それぞれを確認しましょう。自社に見合っているか、どのくらいの効果を期待できるかを判断することが大切です。
支払うコストに比べて、どれくらいの生産性向上やコスト削減が期待できるかなどを比較することで、自動化ツールが企業にとって必要かを判断できます。

コストを確認するときは、安さだけでなく自社に必要な機能や操作性など、総合的な判断も必要です。

サポート体制

6つ目は、サポート体制です。

サポート体制が万全なツールを選ぶことで、導入後のトラブルや問題を、迅速かつ適切に対応できます。

24時間365日問い合わせが可能かなど、自社の運用時間に合わせて対応時間を確認しましょう。自社の工場稼働時に問い合わせが可能か、夜間も人が立ち会う場合は夜間にも対応しているサポート体制を選ぶ必要があります。また、問い合わせ方法はメールか電話か、Webかなども確認しましょう。

生産管理の自動化に向けたツールを選ぶ際には、サポート体制の確認も重要です。

まとめ

本記事では、生産管理の自動化対象・メリット・成功ポイントについて解説しました。

生産管理で自動化できる主な対象として、生産・調達計画、品質検査、設備保守があります。従業員の労働環境改善や、社内間のスムーズな共有、顧客からの需要予測も可能でしょう。

生産管理の自動化を成功させるためには、組織の目的・課題を明確にした上で、AIが得意な業務を選んで取り組むことが大切です。

メルマガ購読

Intuit Mailchimp

カテゴリ一覧