— シェアする —
facebookTwitterlink

研磨ベルトの規格、粒度、種類、材質まとめ

工具 | 2021年09月06日

facebookTwitterlink

今回は研磨ベルトの基礎知識について解説します。

研磨ベルトは、表面に砥粒が付着しているベルトのことで、主に自動機に装着して使用します。研磨ベルトは、自動機にて高速回転させて対象物に当てることで、表面を研磨できます。

研磨する機械には、ディスクグラインダーのような円盤状の機械もありますが、円盤の場合は、研磨したい対象物が設置された環境や、対象物の形状によっては研磨しにくい場合があります。一方で研磨ベルトでは、使う分の幅だけを高速回転させて研磨するので、省スペースで研磨できます。また、一定方向で磨く仕組みのため、ヘアライン仕上げのような研磨目になるのも特徴です。

研磨ベルトの規格

研磨ベルトは、【JIS R 6256:2006 研磨ベルト】にて規格が定められています。JISでは研磨ベルトの種類・特性値・寸法・基材の種類などに決まりがあります。

ここでは参考として、研磨ベルトの特性値と、研磨ベルトに使用する基材についてご紹介します。

・研磨ベルトの特性値

研磨ベルトの種類

特性

引張強さ

N/25mm

伸び率

接合部の厚さの許容差 mm

耐水性

柔軟性

研磨布ベルト

P24~P60

539以上

5以下

0.25以下

-

割れ目の幅は、研磨ベルトの厚さの1.5倍を超えてはならない。

P80~P1000

196以上

0.18以下

耐水研磨布ベルト

P24~P60

588以上

0.25以下

研磨材の離脱があってはならない。

P80~P180

539以上

0.18以下

P220~P1000

490以上

研磨紙ベルト

P30~P60

幅500mm未満

245以上

3以下

0.13以下

-

幅500mm以上

490以上

P80~P180

幅500mm未満

196以上

幅500mm以上

490以上

P220~P2500

幅500mm未満

147以上

幅500mm以上

490以上

耐水研磨紙ベルト

P60~P2500

147以上

研磨材の離脱があってはならない。

・基材の種類

研磨ベルトの種類

区分

単位面積当たりの質量 g/m2

研磨布ベルト

P24~P60

綿布又はこれに準じる織布

200以上

P80~P1000

160以上

耐水研磨布ベルト

P24~P60

耐水処理を施した綿布又はこれに準じる織布

200以上

P80~P1000

160以上

研磨紙ベルト

P30~P2500

幅500mm未満

クラフト紙又はこれに準じる紙

95以上

幅500mm以上

140以上

耐水研磨紙ベルト

P60~P2500

耐水処理を施したクラフト紙又はこれに準じる紙

110以上

引用元:JIS R 6256:2006 研磨ベルト

研磨ベルトの寸法と粒度

引用元:murauchi.com 使える!研磨材の基礎知識

研磨ベルトを見るときの大事なポイントとして、寸法と粒度があります。

寸法は基本的に【幅×周長(mm)】で表記されています。

粒度はP24~P1000などの数値で荒さが示されており、数値が低いものほど粗磨きに適した荒目で、数値が高いものほど仕上げ磨きに適した細目であることを意味しています。粒度の頭に付く「P」の記号は、【JIS R 6010:2000 研磨布紙用研磨材の粒度】にて定められた記述で、実際の製品にはPの代わりに「#」を付けたものや数値だけの表記のものもあります。

研磨ベルトの種類

ここでは研磨ベルトの種類と特徴について解説します。

エンドレスベルト(布製)

引用元:MiSUMi-VONA 技術情報 ベルト研磨材の種類と特長

エンドレスベルトは、上図右のようにリング状になったベルトを高速回転させて、対象物の表面を効率よく磨くタイプです。

エンドレスベルトを使うには、自動機(ベルトサンダー)にあるホイールやプーリのローラー部に取り付ける必要があります。テンションが高いままだとエンドレスベルトを装着できないので、一度緩めてからベルトをローラー部にかけます。

ロールペーパー(布製)

引用元:murauchi.com 使える!研磨材の基礎知識

ロールペーパーは、必要な長さだけをカットして使えるタイプです。研磨作業時の研磨ペーパー供給対応性、供給効率性に優れています。

ロールペーパーを一定の幅で大量にカットして使用する場合は、初めからカットされたロールペーパーが便利です。

ベルトサンダー用ペーパー

引用元:murauchi.com 使える!研磨材の基礎知識

ベルトサンダー用ペーパーは、その名前の通りベルトサンダーで使う研磨ベルトです。ベルトサンダーは、他のサンダーでは研磨しにくいような細かい箇所でも、ベルトの先端や腹を当てることで研磨できます。

ベルトサンダーの代表的なサイズとして、10×330mm・20×520mm・30×540mmがあります。

研磨ベルトの材質

ここではJISで定められている研磨ベルトの材質についてご紹介します。以下はJISに記載されている研磨ベルトの種類と材質です。

・研磨ベルトの種類

基材による種類

研磨材の材質による種類(記号)

研磨布ベルト

アルミナ質研削材(A、WA、PA、HA、AZ(25)、AZ(40))

炭化けい素質研削材(C、GC)

ガーネット(G)

耐水研磨布ベルト

アルミナ質研削材(A、WA、PA、HA、AZ(25)、AZ(40))

炭化けい素質研削材(C、GC)

研磨紙ベルト

アルミナ質研削材(A、WA、PA、HA、AZ(25)、AZ(40))

炭化けい素質研削材(C、GC)

ガーネット(G)

耐水研磨紙ベルト

アルミナ質研削材(A、WA、PA、HA、AZ(25)、AZ(40))

炭化けい素質研削材(C、GC)

引用元:JIS R 6256:2006 研磨ベルト

研磨材の材質の種類記号は、【JIS R 6111:2020 人造研削研磨材】の規格にて製法や性状の解説がされています。

Aの記号はアルミナ質研削材、Cの記号は炭化けい素研削材、Gはガーネットを意味します。AZの横についている(25)と(40)の数値は、それぞれジルコニアの含有量が異なることを示しています。ジルコニアは研削性能がアルミナよりも持続しやすく、超寿命な特徴があります。また、ジルコニアよりも高い研削力と耐久性を有するセラミック砥材の研磨ベルトもあります。

facebookTwitterlink
この記事を書いた人
<a href="https://catallaxy.me/" class="u-link-theme">株式会社Catallaxy</a>

株式会社Catallaxyは "未来の製造業をつくる" をミッションに掲げ、製造業における従来のサプライチェーン/バリューチェーンの刷新を目指しています。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

facebook followtwitter follow
おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2021年02月22日
SS400とS45Cの違いを徹底解説【専門家が語る】製品による使い分け

SS400とS45Cの違いを徹底解説【専門家が語る】製品による使い分け

2019年07月29日
関連記事
  • 金型の構造と動作を詳しく解説
    • 金型
    金型の構造と動作を詳しく解説
    2021年10月21日
  • 超硬ロータリーバー(超硬バー)とは?種類、形状、サイズ、回転数
    • 超硬バー
    超硬ロータリーバー(超硬バー)とは?種類、形状、サイズ、回転数
    2021年10月15日
  • オイルスキマーとは?構造、原理、効果、種類
    • オイルスキマー
    オイルスキマーとは?構造、原理、効果、種類
    2021年10月08日
人気記事ランキング