Mitsuri通信 - 3月号

2024-03-07

2月のMitsuri統計

発注者登録数1,706

工場登録数317

見積もりカバー率68%

平均成約単価64,588円

2月は中国の旧正月が重なったこともあり、低調なスタートとなりました。弊社でご登録いただいているサプライヤーはほとんどが日本の工場です。しかし日本の工場として登録はしているけれども海外(特に中国)の工場を稼働させているユーザーが少なくないのかもしれません。

Mitsuriが今のユーザー同士の直取引形態になったのは昨年の9月です。今後運営を積み重ねていくにしたがって統計などの数字をもっと細かく開示していこうと思っています。Mitsuriが目指すのは発注者とサプライヤーのスムーズなマッチングです。こういった数字を開示することでMitsuriを上手に使っていただきたいと思っています。

先月の開発進捗

1. プロフィールページを充実させよう(工場向け)

なぜこの機能を実装したのか

これまで弊社は数百社のサプライヤー(工場)様とお付き合いをしてきましたがごくわずかな例外を除いて皆様営業活動がお上手ではありません(失礼!)。


工場内は隅々まで清掃が行き届いていることはもちろん技術力向上のための教育にも余念がありません。何より「技術力で勝負したい」というのは痛いほど伝わってきます。

製造業の神様、松下幸之助も「額に汗して働く姿は尊い」と言っていますし、毎日それを実践されている姿には本当に頭がさがるばかりです。ただ、松下幸之助はこうも言っています。

「今までよりも一時間少なく働いて、今まで以上の成果をあげることも、また尊い」(道をひらく)

清掃も社員教育も、お仕事を請けた後のことです。お仕事を請けた後の流れは洗練されているもののその前の営業プロセスをどうにか省人化できないか? と悩んで出した答えがプロフィールページです。

プロフィールページを実装したのは、御社のホームページの代わりにするためです。とはいえ、すでに運営されているホームページはお持ちですよね。そちら、最後に更新されたのはいつですか?


ホームページも生き物なので、更新していかないと検索にひっかかりません。たとえば「愛知 板金」と検索したとしても愛知で鈑金工場を営んでいる工場のホームページが必ず検索上位にくるとは限りません。


検索にひっかかるようにするための施策をSEO(検索エンジン最適化)対策といいます。SEO対策をしていなければ期待したほどの集客はできません。せっかく費用をかけてかっこいいホームページを作っても、集客ができなければ名刺代わりにしかなりませんよね。

とはいえ、毎日忙しいので効果が見えるかどうか分からないSEO対策に時間を割いている余裕なんてありません。そこで私たちが御社のことを宣伝させていただきたい! と思ってプロフィールページを作りました。ログインしていないユーザーでも閲覧できるので、あなたのページは全世界公開されます。


今はこのプロフィールページにはごく基本的な項目しか入力できないようになっておりますが、今後も項目を充実させていき、たとえばMitsuriで受注した商品が自動的に反映される(=更新の手間なくSEO対策できる)、あるいは御社のパンフレットや商品カタログをアップロードできるようにする、ということも考えています。


また発注ユーザーが得意分野で絞り込んでサプライヤーを見つけやすくするなどの工夫もしています。プロフィールをページを充実させると上位表示されるようになりますので、この機会にぜひプロフィールページを充実させてください。

2. 「その」サプライヤーだけに直接見積もり依頼

なぜこの機能を実装したのか

これまでMitsuriでは、発注ユーザーは全ユーザーに対して見積もりを募集するか否かの選択肢しかありませんでした。しかし発注ユーザーからは「自分で工場を選んでその工場に見積もりを取りたい」というご要望をいただいておりました。そこで工場のプロフィールページに直接見積もり依頼ボタンを設置することとしました。


このボタンは、発注ユーザーの「すべてのサプライヤーではなく、『その』サプライヤーにだけ見積もりをお願いしたい」という希望に応えるものです。これで発注ユーザーは安心して個別のサプライヤーを選定し、図面を委ね、コミュニケーションを始めることができます。サプライヤーとしても、コンペ方式でない分丁寧に対応してくれるかもしれません。

アイデア・ご意見募集中

ミツリのサービスに共感していただける方、ぜひ私たちに力を貸してください!

  • ミツリを使って、こんなサービスが展開できないか?
  • ミツリにこんな機能を取り入れてほしい!
    こちらから

編集後記

3月といえば、桜のシーズンが始まりますね。桜餅はみなさんはお好きでしょうか?私は大好物です。

桜餅も地域によって形状が違うようで、関東風桜餅(長命寺)と、関西風桜餅(道明寺)があるようです。長命寺は餅が筒状に巻かれた桜餅です。道明寺はもち米の形状がわかる程度の粒で全体を覆った桜餅です。

ここでも好きな桜餅の形状が分かれますよね。そして更に論争を生んでしまうのが、中身の餡がこしあんか粒あんか。ちなみに私は、道明寺・粒あん派です。


編集長: 染谷ひとみ

メルマガ購読

      Mitsuriでどんな取引が行われている?
      新しい機能を使ってどう新規取引につなげる?
      そんな疑問にお答えします!
カテゴリ一覧