真鍮のレーザーカットならMitsuri!【協力工場250社以上】最適な工場をご紹介します!

カット | 2020年09月23日

引用元:渡辺金属株式会社

「真鍮のレーザーカットを頼みたい」

「板厚の厚い真鍮をカットできる工場を探したい」

このような考えを持っている人は多いのではないでしょうか。

真鍮とは銅と亜鉛の合金で、黄銅ともいわれます。合金の中でも導電性が高いことが特徴の一つです。また、複雑な形状にしたり、薄く広げたりといった加工も、比較的容易にできます。

しかし、真鍮のレーザーカットに関しては、加工の際にレーザービームの反射による機械破損の危険性があります。また、材料が高価であるため、カットに失敗した際の損害が大きいというリスクもあります。そのため、多くの業者が真鍮のレーザーカットを敬遠しているのが現状です。

そこで本記事では、Mitsuriで対応できる真鍮のレーザーカットについて紹介します。

cta


レーザーでカットできる真鍮の板厚について

引用元:株式会社かねよし

金属をレーザーでカットするための加工機は、現在主に以下の3種類が主流です。それぞれ媒体や波長などの仕組みが違うため、カットできる板厚も異なります。

現在主流のレーザーカット加工機

①CO2レーザー加工機

②ファイバーレーザー加工機

③YAGレーザー加工機


  1. ①CO2レーザー加工機

CO2レーザー加工機は、板金加工のスタンダードとして古くから使われており、いまだに市場の中心となっている加工機です。

導入コストが安価で済むことや、板厚が厚い物でもカットする際に良質な切断面を得られることがメリットです。

Mitsuriなら、真鍮でもカットできる高出力のCO2レーザー加工機を導入している工場に依頼できます。

  1. ②ファイバーレーザー加工機

ファイバーレーザー加工機は、CO2レーザー加工機のあとに登場した新しいタイプの加工機です。CO2レーザー加工機とは全く異なる仕組みでレーザーを発生させる装置を搭載しています。

運用コストが大幅に抑えられることや、真鍮など反射率の高い素材を加工可能なことが、メリットとして挙げられます。真鍮のレーザーカットでよく利用される加工機です。

  1. ③YAGレーザー加工機

ファイバーレーザーと同様に、YAGレーザー加工機も個体レーザー加工機に分けられます。レーザーを発生させる元素イットリウム(Yittrium)、アルミニウム(Aluminum)、ガーネット(Garnet)それぞれの頭文字から、YAGと呼ばれています。

加工のスピードが早い特徴があり、熱による歪みが極めて少なくなることにより、後処理が減り工程を短縮することが可能です。

上記3種類それぞれの加工機で対応可能な板厚が異なるため、外注する際には企業ごとに利用するレーザー加工機の種類を確認しましょう。

Mitsuriの協力工場なら板厚t0.1mm~t6mmまで対応可能

引用元:ステンレスクリーンカットのレーザーテック

Mitsuriが提携している協力工場なら、板厚t0.1mm~t6mmの真鍮を切断することが可能です。工場により細かい上限設定が異なるため、依頼前に確認するようにしましょう。

t6mm以上の板厚もカットすることは可能ですが、切断面にバリ・ダレ・焦げなどのダメージが出やすくなったり、寸法に誤差が発生したりする可能性が高くなります。

せん断機などの工作機械を利用してのカットは、誤差が生じやすく、正確に切断することは困難です。しかし、レーザーカットであれば、より高精度な切断ができ、複雑な形状の素材にも対応できます。


真鍮の切断でお悩みの方にとって、ファイバーレーザー加工機が利用できるMitsuriの協力工場はとてもおすすめです。



真鍮のレーザーカット事例

Mitsuriの提携会社の中から、レーザーカットによる真鍮の加工事例をいくつか紹介します。

引用元:ステンレスクリーンカットのレーザーテック

ファイバーレーザー加工機を使用し、厚さ2mmの真鍮をカットした事例です。カット面も通常のレーザー加工機で発生する黒いすすをほとんど出すことなく綺麗に仕上がります。

引用元:株式会社ヒラミヤ

ドイツ製の高性能なレーザー切断機をメインに使用しています。写真の「星」は、縦横わずか約7mmのサイズで、厚さ3mmの真鍮板をカットし製作しています。また、星の先端は半径0.15mmのRが再現され、細かいディテールにもこだわっています。


上記の他にも、Mitsuriは真鍮のレーザーカットを依頼できる数多くの工場と提携しています。無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。



その他の真鍮加工について

引用元:有限会社こだま製作所 

図は真鍮のロウ付け溶接ですが、真鍮の加工方法は、曲げ・絞り・抜き・溶接・切削など、加工方法も多岐にわたります。Mitsuriでは、レーザーカット以外にも、さまざまな真鍮加工に対応できます。

その他Mitsuriで依頼可能な真鍮加工

・曲げ加工

・溶接

・切削


  1. ・曲げ加工

曲げ加工は、ベンダーによる直線的な折り曲げ加工をはじめ、R曲げ・V曲げ・Z曲げ・ヘミング曲げ・ロール曲げなどさまざまな種類の曲げ加工ができます。

  1. ・溶接

溶接の際は、融合不良やスラグ巻き込みなどの欠陥対策として、十分な余熱を与えます。また、溶接後の冷却による割れや性質の劣化を防ぐため、ろう付けを基本とした溶接が行われます。

  1. ・切削

切削は、機械を回転させる「フライス加工」と、資材を回転させる「旋削加工」の2種類に分けられます。鏡面仕上げをはじめ、穴あけや溝削りなどさまざまな加工に対応しています。

参考記事

真鍮の加工に関しては以下の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

【真鍮加工】真鍮の加工方法を加工実績と共に徹底紹介!!



まとめ

真鍮のレーザーカットについて、加工機や加工事例などを解説しました。真鍮は反射率が高く、切断をはじめとしたレーザー加工が難しい素材です。そのため、正確に加工するためには高い技術が求められます。真鍮の切断に向いたファイバーレーザーによるカッターを導入している工場など、適切に加工してくれる企業を選ぶことが大事だといえるでしょう。

工場を選ぶ際には、ぜひMitsuriをご利用ください。全国に250社以上の提携工場があるため、希望に沿う工場が見つかることでしょう。Mitsuriなら完全無料で見積りできます。ぜひお気軽にお問い合わせください。

cta


この記事を書いた人
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2020年11月29日
【チタン】とは!?チタンは他の金属とどう違うのかメリット・デメリットをご紹介!

【チタン】とは!?チタンは他の金属とどう違うのかメリット・デメリットをご紹介!

2018年12月13日
関連記事
  • 鉄パイプのカットについて製品事例を用いて専門家が解説!
    • パイプ
    鉄パイプのカットについて製品事例を用いて専門家が解説!
    2019年11月22日
  • ステンレスカットを得意としている工場3選!最適な工場をご紹介させていただきます!
    • 工場紹介
    • ステンレス
    ステンレスカットを得意としている工場3選!最適な工場をご紹介...
    2019年12月06日
  • Dカットの意味と用途、軸の固定方法を解説!
    • dカット
    Dカットの意味と用途、軸の固定方法を解説!
    2020年09月13日
  • アルミ板のカットについて徹底解説!
    • アルミ
    • 切断
    アルミ板のカットについて徹底解説!
    2020年06月26日
  • 鉄板のカットが得意な工場3選!個人での鉄板カットのやり方についてもご紹介!
    • 鉄板
    • 切断
    鉄板のカットが得意な工場3選!個人での鉄板カットのやり方につ...
    2020年06月25日
関連記事
人気記事ランキング