— シェアする —
facebookTwitterlink

【Mitsuri加工実績】A5052の板金加工・切削加工等の見積り依頼をするなら!

アルミ | 2021年05月12日

facebookTwitterlink

A5052はアルミニウムにマグネシウムを添加したアルミ合金です。A5052は扱いやすく、アルミ合金の中でも代表的な定番材料です。

弊社の金属加工プラットフォームサービス「Mitsuri」で見積り依頼される案件の中でも、素材としてA5052が選ばれることが多々あります。

具体的な見積り依頼実績数をご紹介します。

Mitsuriで見積り依頼されたA5052の金属加工案件

MitsuriでのA5052加工案件は多岐にわたりますが、その中でも一部抜粋して板金加工と切削加工をカウントするとこれだけあります。

 A5052の板金加工のMitsuri見積り依頼207
 A5052の切削加工のMitsuri見積り依頼103

A5052はアルミ合金の中では、中程度の強度をもち、耐食性・溶接性に優れます。主に板材と丸棒が流通しており、特に板材の流通性が非常に高いため仕入れやすく、依頼に対する見積り回答も多くつきやすいです(*1)。

(*1)「依頼に対する見積り回答も多くつきやすい」?
→Mitsuriで金属加工の見積りを依頼すると、その依頼に対してMitsuri協力工場が見積り回答をお返しします。A5052の加工案件は複数の協力工場からの見積り回答がつきやすく、1回のご依頼で複数の相見積もりが取れます。

Mitsuriで依頼可能なアルミ加工(一例)

・切断加工

・曲げ加工、板金加工

・溶接

・切削加工

・プレス加工

・線材加工

一例となりますが、Mitsuriではさまざまなアルミ加工に対応しています。ご希望の加工内容によっては難しい場合もございますが、迷われた方は一度Mitsuriまでご相談ください。

A5052の金属加工を依頼するならMitsuriまでお問い合わせください

Mitsuriではお見積りは完全無料です。協力工場は日本全国350社以上ございます。

A5052の金属加工をご検討中の方は、下のボタンをクリックしてぜひお気軽にお問い合わせください。

facebookTwitterlink
この記事を書いた人
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

facebook followtwitter follow
おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2021年02月22日
SS400とS45Cの違いを徹底解説【専門家が語る】製品による使い分け

SS400とS45Cの違いを徹底解説【専門家が語る】製品による使い分け

2019年07月29日
関連記事
  • A1100の特徴、用途、他のアルミ合金との違い
    • A1100
    • アルミニウム
    A1100の特徴、用途、他のアルミ合金との違い
    2021年05月06日
  • A2011の特徴、成分、機械的性質、使い方
    • A2011
    • アルミニウム
    A2011の特徴、成分、機械的性質、使い方
    2021年04月29日
  • A6061の特徴、成分、機械的性質
    • A6061
    • アルミニウム
    A6061の特徴、成分、機械的性質
    2021年04月28日
人気記事ランキング