— シェアする —
facebookTwitterlink

A5052の化学成分、機械的性質、強度

アルミ | 2021年05月18日

facebookTwitterlink

A5052は、アルミ合金のなかでも、ちょうど中程度の強度をもった材料です。耐食性や成形性、溶接性に優れていることから、工作材料として幅広い用途で使われています。

5000系のアルミ合金はマグネシウム(Mg)を多く添加しており、その比率に応じて性質が異なるものです。A5052は、5000系の扱いやすい材料であるため、代表的なアルミ合金として使われています。

参考:アルミ合金の種類や特徴、用途について詳しく解説【専門家が語る】適切なアルミ番がわかります!

参考:アルミ材の種類について【専門家が語る】どのアルミ材を使えばいいか一目でわかる!

A5052の特徴(耐食性・溶接性・強度)

A5052は耐食性・溶接性に優れているのが特徴です。また、強度についてもアルミ合金のなかでは中程度の数値を示しています。これらの内容から、曲げ加工や切削加工といった工作に適した材料とされ、建築用材・船舶材・車両用材・飲料缶などの幅広い用途で使われています。

一般的に流通している材料は主に板材と丸棒が該当します。特に板材は流通量が多く、容易に入手が可能です。

参考:アルミ溶接は難しい!?溶接方法を事例を用いて徹底解説!!

A5052の化学成分

  • <合金番号5052の化学成分(単位:%)>

合金番号

Si

Fe

Cu

Mn

Mg

Cr

Zn

その他

Al

個々

合計

5052

0.25

以下

0.40

以下

0.10

以下

0.10

以下

2.2~2.8

0.15~0.35

0.10

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

引用元:JIS H 4000 アルミニウム及びアルミニウム合金の板及び条

A5052の機械的性質

  • <A5052(板、条、厚板及び円板)の機械的性質>


記号


質別

引張試験

曲げ試験

厚さ

(mm)

引張強さ

(N/mm2)

耐力

(N/mm2)

伸び

(%)

A50mm

厚さ

(mm)

内側半径

A5052P


H112

4.0以上6.5以下

195以上

110以上

9以上

-

-

6.5を超え13.0以下

195以上

110以上

7以上

13.0を超え50.0以下

175以上

65以上

12以上

50.0を超え75.0以下

175以上

65以上

16以上

O

0.2以上0.3以下

170以上

215以下

-

14以上

0.2以上0.8以下

0.8を超え2.9以下

2.9を超え6.0以下

密着

厚さの0.5倍

厚さの1倍

0.3を超え0.5以下

65以上

15以上

0.5を超え0.8以下

65以上

17以上

0.8を超え1.3以下

65以上

17以上

1.3を超え2.9以下

65以上

19以上

2.9を超え6.5以下

65以上

19以上

6.5を超え75.0以下

65以上

18以上

H12

H22※)

H32

0.2以上0.3以下

215以上

265以下

-

3以上

0.2以上0.8以下

0.8を超え2.9以下

2.9を超え6.0以下

厚さの0.5倍

厚さの1倍

厚さの1.5倍

0.3を超え0.5以下

-

4以上

0.5を超え0.8以下

-

5以上

0.8を超え1.3以下

155以上

5以上

1.3を超え2.9以下

155以上

7以上

2.9を超え6.5以下

155以上

9以上

6.5を超え12.0以下

155以上

11以上

H14

H24※)

H34

0.2以上0.5以下

235以上

285以下

180以上

3以上

0.2以上0.8以下

0.8を超え2.9以下

2.9を超え6.0以下

厚さの1倍

厚さの1.5倍

厚さの2倍

0.5を超え0.8以下

4以上

0.8を超え1.3以下

4以上

1.3を超え2.9以下

6以上

2.9を超え6.5以下

6以上

6.5を超え12.0以下

10以上

H16

H26※)

H36

0.2以上0.8以下

255以上

305以下

-

3以上

0.2以上0.8以下

0.8を超え1.3以下

1.3を超え4.0以下

厚さの2倍

厚さの2.5倍

厚さの3倍

0.8を超え4.0以下

205以上

4以上

H18

H38

0.2以上0.8以下

255以上

3.5以下

-

3以上

-

-

0.8を超え3.0以下

205以上

4以上

-

-

H19

H39

0.15以上0.5以下

285以上

-

1以上

-

-

注記

  1. A50mm:50mm標点距離における伸び

  2. ※)質別H22、H24、H26については、引張強さの上限及び耐力は適用しない。

  3. 規定の厚さ以外の寸法の機械的性質は、受渡当事者間の協定による。

  4. 耐力は、注文者の要求のある場合だけに適用する。

  5. 曲げ試験は、注文者の要求のある場合だけに適用する。

引用元:JIS H 4000 アルミニウム及びアルミニウム合金の板及び条

facebookTwitterlink
この記事を書いた人
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

facebook followtwitter follow
おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2021年02月22日
【チタンの特徴と用途とデメリット】チタンは他の金属とどう違うのか

【チタンの特徴と用途とデメリット】チタンは他の金属とどう違うのか

2021年02月08日
関連記事
  • 【Mitsuri加工実績】A5052の板金加工・切削加工等の見積り依頼をするなら!
    • A5052
    • 見積り
    【Mitsuri加工実績】A5052の板金加工・切削加工等の...
    2021年05月12日
  • A1100の特徴、用途、他のアルミ合金との違い
    • A1100
    • アルミニウム
    A1100の特徴、用途、他のアルミ合金との違い
    2021年05月06日
  • A2011の特徴、成分、機械的性質、使い方
    • A2011
    • アルミニウム
    A2011の特徴、成分、機械的性質、使い方
    2021年04月29日
人気記事ランキング