— シェアする —
facebookTwitterlink

溶接ビードを解説【専門家が語る】溶接ビードの除去方法も解説!

溶接 | 2021年04月22日

facebookTwitterlink

溶接といっても様々な溶接方法があります。中でもアーク溶接と呼ばれる溶接方法は建設業界や自動車業界、造船業界など様々な分野で用いられています。しかしながらアーク溶接がQCDDM(Quality,Cost,Delivery,Development,Management)の全てにおいて完璧な溶接方法というわけではなく、アーク溶接を行う際に発生する溶接ビードにはどの業界でも課題の一つとなっています。今回はその溶接ビードについて解説します。

溶接ビードとは

引用元:SSメタル

まず、溶接といっても様々な溶接があります。一般的に溶接ビードが発生する抵抗溶接の一部にアーク溶接が挙げられますが、アーク溶接の中でも使用するガスの種類などによってMIG溶接やMAG溶接、CO2溶接など、様々な種類に分類されます。ここでは、アーク溶接にスポットを当てて解説していきたいと思います。

溶接ビードがなぜ発生するか、それはアーク溶接をする際に使用するワイヤー(溶接棒と呼んだりもします)が原因です。アーク溶接はこのワイヤーを溶かす事で溶接しているため、ワイヤーが溶けて溶接されたという事は、溶けたワイヤー分の質量も増加します。この部分が一般的に溶接ビードと呼ばれます。


溶接ビードの例

溶接ビードの例として以下の写真をご覧ください。

引用元:溶接の道

とても美しいアーク溶接の例です。しかしながら、溶接の知識が無い方や、日常生活で手の触れるところ、あるいは景観を重視すべき建造物などにおいては、溶接ビードが気になるものです。

アーク溶接では、前述した通り溶接ワイヤーを使用するため必ず写真の様な溶接ビードが発生します。ただし、厳密には溶接ビードを発生させない溶接方法もあり、企業や大学において研究が続けられています。ですが、産業界で人・物・金を効率的に回す事を考慮した上で実用化できるほど、技術的に確立されていないのが現状です。

そこで、溶接ビードを除去する方法についてご紹介します。


溶接ビードを除去する方法

溶接ビードを除去するには大きく分けて3つの除去方法があります。一つは切削機によりビード部を削り取り、ビードを除去する方法。次にビードを潰す方法、そしてビード部を圧延する方法です。

それぞれメリットデメリットがあり、一般的には以下の様に考えられています。

加工方法

メリット

デメリット

切削

導入コストが安価、仕上がりも比較的良い

削りカスが出る

転造

加工が容易(早い)

仕上がりが荒い、質量増

圧延

仕上がりが良い(見た目)

導入コストが高額、質量増

上図の様にビードを除去する方法はいくつかあり、他の方法もあると考えられますが、多くの業界において溶接ビードを除去する場合は切削という方法をとる場合がほとんどです。

削りカスが出るものの、コストや作業性、生産性に優れ、溶接ビードで増加した質量の補正が出来るためです。とはいえ、対象物や業界によって求められる優先順位が異なるため、ケースバイケースです。


まとめ

溶接ビードは、溶接時に発生する副産物であって、成果物としては不要な場合が多いため溶接ビード対策は必須課題です。Mitsuriではそんな溶接ビード対策も、常に最先端の技術で全国約100社の協力メーカーと共にお客様の課題解決に向けて対応いたします。

facebookTwitterlink
この記事を書いた人
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

facebook followtwitter follow
おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2021年02月22日
【チタンの特徴と用途とデメリット】チタンは他の金属とどう違うのか

【チタンの特徴と用途とデメリット】チタンは他の金属とどう違うのか

2021年02月08日
関連記事
  • 溶接の基礎知識
    • 基礎知識まとめ
    • 溶接
    溶接の基礎知識
    2021年04月01日
  • ナット溶接とは|ウェルドナット(溶接ナット)の種類もご紹介!
    • ナット溶接
    • ウェルドナット
    ナット溶接とは|ウェルドナット(溶接ナット)の種類もご紹介!
    2020年11月13日
  • 溶接加工の見積りを依頼するならMitsuri!見積りを決める要素に関しても解説!
    • 見積り
    • 溶接
    溶接加工の見積りを依頼するならMitsuri!見積りを決める...
    2020年06月16日
人気記事ランキング