配管用炭素鋼鋼管(SGP)とは?特徴・用途を解説

2024-02-06

今回はSGPの基礎知識について解説します。

SGPは、配管用炭素鋼鋼管のことで、水やガスなどの配管に使われています。市場に多く出回っているもので、ホームセンターでも入手が可能です。

一口にSGPと言っても、めっきの有無で種類や用途も異なります。この記事ではSGPの各種類の特徴や、SGPの接続方法について見てみましょう。

whitepaper metals banner

SGPとは?

SGPとは、鉄の丸パイプの1種で、「配管用炭素鋼鋼管(Carbon steel pipes for ordinary piping)」と呼ばれる鋼管のことです。SGPの名前は「Steel Gas Pipe」の略称を表しています。

SGPは、製管方法が電気抵抗溶接の場合「E」、鍛接の場合は「B」の記号が付きます。

仕上げ方法によっても、熱間仕上げの場合は「H」、冷間仕上げの場合は「C」、電気抵抗溶接の場合は「G」の記号が付きます。(例:熱間仕上電気抵抗溶接鋼管の場合、SPG-E-Hの表記)

配管用炭素鋼鋼管の主な用途は、JIS G 3452にて、「使用圧力の比較的低い蒸気、水(上水道用を除く)、油、ガス、空気などの配管に用いる」ものとして記載があります。

SGPに適用される寸法は、外径10.5~508.0mmです。

SGP管の種類

引用元:日本水道鋼管協会 管の種類と用途

SGPは白管と黒管の2種類があります。ここでは白と黒の違いについて見てみましょう。

黒管

黒管のSGPは、表面処理がなく、外観が黒く見えるタイプです。主な用途は、蒸気配管・油配管・エアー配管などです。

白管

白管のSGPは、耐食性を高めるために亜鉛めっきが施されており、パイプの外側と内側ともに白色になっています。主な用途は、工業用水配管・空調設備配管・衛生設備配管・消火用配管などです。

白管に似たものとして、水配管用のパイプである「SGPW(水配管用亜鉛めっき鋼管)」もあります。SGPWは、見た目こそSGPの白管と同じパイプになりますが、亜鉛めっきの付着量が平均600g/m2以上と、JIS G 3442で規定されています。

一方でSGPの白管は、亜鉛めっきの付着量に規定がありません。

SGPの接続方法

ここでは、SGPの代表的な接続方法である、ねじ接合と溶接接合の方法について紹介します。

ねじ接合

引用元:モノタロウ 建築設備配管工事の基礎講座 3-1 炭素鋼鋼管(SGP)の切削ねじ接合方法

ねじ接合は、ねじ継手を使ったSGPの一般的な接続方法です。上図のようなねじ切り機によりパイプの両端をねじ加工し、ねじ継手を用いて接続します。

ただし、ねじ接続は加工と施工上の都合により、小口径管(65A程度まで)の配管で利用されています。

溶接接合

SGPは、溶接にて接合する場合もあります。

溶接接合は、口径の大きな管(65A~350A程度)や、強度が必要な場合、水密性・気密性などを要する場合に採用されます。溶接接合の方法にも種類があり、建築設備の施工ではガス溶接と被覆アーク溶接が一般的に利用されています。

SGPの性質

SGPの機械的性質と、化学的性質については以下の通りです。

機械的性質

<SGPの引張強さ及び伸び>

種類の記号 引張強さ 伸び %
引張試験片 引張試験方向 厚さ
3mmを超え 4mm以下 4mmを超え 5mm以下 5mmを超え 6mm以下 6mmを超え 7mm以下 7mmを超え 8mm未満
SGP 290以上 11号試験片 管軸方向 30以上 30以上 30以上 30以上 30以上
12号試験片 管軸方向 24以上 26以上 27以上 28以上 30以上
5号試験片 管軸直角方向 19以上 20以上 22以上 24以上 25以上

※呼び径32A以下の管については、この表の伸びの規定は通用しないが、試験の結果を記録しておかなければならない。ただし、受渡当事者間の協定によって、伸びを規定してもよい。

引用元:JIS G 3452:2019 配管用炭素鋼鋼管

化学的性質

<SGPの化学成分(単位:%)>

種類の記号 P S
SGP 0.040以下 0.040以下

※必要に応じて上表に規定のない合金元素を添加してもよい。

引用元:JIS G 3452:2019 配管用炭素鋼鋼管

「SGPを使用した金属部品の調達に困っている」

「SGPが本当に適切な材料かわからない」

そのような方に向けてMitsuriでは、部品の見積り依頼時に「鉄(おまかせ)」としても依頼が可能です。ご依頼の際に用途や設置場所を詳しく記載していただければ、加工が可能な工場が適切な材料を用いて見積り・加工を行います。
鉄部品の調達でお困りの方は下のボタンから図面をご登録ください。

メルマガ購読

Intuit Mailchimp

カテゴリ一覧