【精密板金】精密板金加工についてわからない!!他の板金とは違う流れや強み弱み

板金加工の基礎

【精密板金】精密板金加工についてわからない!!他の板金とは違う流れや強み弱み


板金加工の種類

板金加工は用途や業種によって、「自動車板金」「建築板金」「プレス板金」「精密板金」の4種類に分けられます。


自動車板金

自動車板金は、自動車のボディーに付いてしまったキズやへこみを修理する板金加工。その加工方法から、打ち出し板金、叩き板金などとも呼ばれます。

建築板金

建築板金は、住宅や工場などの外装を仕上げる板金加工。屋根板金、外壁板金など、さらに細かく分類されることもあります。

プレス板金

プレス板金は、専用の金型を用いる板金加工。量産に向いていて、電子機器・通信機器・半導体製造機器・コンピュータ機器などの筐体製作やパーツ単体の製作など、高精度な加工が特徴です。

精密板金

精密板金は、プレス板金とは対照的に専用金型を用いず、汎用金型やジグを組み合わせて加工する板金加工。用途はプレス板金と同じく、さまざまな筐体製作やパーツ製作に用いられ、こちらも高い精度が特徴です。


精密板金加工とは

精密板金加工の原材料は、鉄・ステンレス・アルミニウム・銅・真鍮等が一般的。精密板金加工で用いられる金属板は他の板金加工と比べて薄く、1 ~ 3mm 程度のものがほとんどです。

精密板金加工で製作されるものは、パソコンの金属製の箱などがイメージしやすいでしょう。単体では機能を持たない小型のパーツなども、精密板金加工の代表的な製作物です。

その精度は、曲げ寸法公差で0.1mmや0.2mm、パンチングによる抜き加工では0.05mm以下という高精度を誇ります。

精密板金加工ならMitsuri

精密板金加工でお困りなら是非、Mitsuriにご相談ください!

Mitsuriなら、精密板金加工を得意としている工場の一括見積もりを取ることができます。小ロット個人での加工依頼OKの工場に絞って見積りすることも可能です。試作も大歓迎です!

Mitsuriの協力工場は全国に130社以上あり、最適な工場を見つける事ができます!!

さらにMitsuriには多数の板金加工実績があるため、安心して依頼できるんです。

精密板金加工でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!

精密板金加工の流れ

精密板金加工の作業手順は次の通りです。

1.設計・提案

2.図面展開

3.抜き加工

4.前加工・成形加工(バリ取り、タップ加工等)

5.曲げ加工

6.溶接加工

7.仕上げ加工・表面処理

8.組立・検査

1工程ずつ、簡単にご説明します。


1.設計・提案

精密板金加工では専用の金型を使用しないため、まずは汎用金型の組み合わせから図面を設計します。


2.図面展開

設計された図面をもとに、展開図を作成します。このとき、次の「抜き加工」で金属板を曲げたときに発生する厚みなどを考慮するのがポイントです。例えば精密板金加工によってサイコロを作成しようとした場合、一つながりでそのまま作成した展開図では曲げられない箇所が発生するため、一部分割した展開図になります。


3.抜き加工

金属板を展開図の通りに加工していきます。抜き加工ではNC機(数値制御の工作機械)を用いて加工するため、図案ごとに専用のプログラムを作成します。


4.前加工・成形加工(バリ取り、タップ加工等)

抜き終わった金属板には、0.1mm程度の切り残し=バリがあるため、後工程とケガ防止のためにこれを取り除きます。ネジ穴を作るタップなどの加工も、この時点で行います。


5.曲げ加工

抜き加工が終わった物に、曲げ加工を施して製品の形に近づけます。図面展開でも触れた通り、曲げ加工では曲げ機械で使用する型の特性上、コの字に加工することが限界です。


6.溶接加工

板金と板金を溶接するスポット溶接、ブラケット・ナット・ネジなど溶接したいパーツを溶接するスタッド溶接などを行います。


7.仕上げ加工・表面処理

溶接の際に接合部にできた盛り上がりを、平らに仕上げます。製作途中で表面に傷がついたものもこの時点で仕上げます。溶接箇所が多くなれば多くなるほど、この仕上げ作業も時間を要します。


8.組立・検査

各種パーツを組み立て、検査をして完了です。


精密板金加工の強み

精密板金加工の強みは大きく2つです。

1. 高い寸法精度と処理の美しさ

精密板金加工は精度が非常に高く、また専用金型を用いない性質上、図面のない状態からの設計・製作への知見が豊富なことも特徴のひとつと言えるでしょう。

多くの場合、設計から組み立て作業までを一括して行うため、筐体製作では中に組み込まれる機器や装置とのトータルバランスを意識した加工・仕上げが可能で、見た目にも美しく仕上がります。

2. 試作が容易に行える

通常のプレス板金では専用金型が必要なところを、精密板金では汎用金型を活用することで、イニシャルコストを抑えられるだけでなく短納期で試作することができます。


精密板金加工の弱み

金型の費用がかからないので試作や少量生産には向いていますが、反面、数千個におよぶような大量生産には向いていません。属人的な作業範囲がプレス板金に比べて広く、大量生産の体制を取ったとしてもコストの削減が難しいためです。


精密板金加工のまとめ

精密板金加工とプレス加工は、互いが互いを補う特徴を持っています。それぞれの特徴を理解して、適切な使い分けやお互いの組み合わせを検討しましょう。

例えば、精密板金加工によりまずは多品種少量生産し、量産体制に移りたい場合はあらためて専用金型を作成する、というのが一般的な活用法のひとつです。

さらに、専用金型を起工している間のファーストロットやセカンドロットは精密板金加工で対応する、という柔軟な活用も可能ですし、部分的な抜き型だけをプレス化したりといった方法も有効です。

一定数までであれば、生産数が読めない場合にとりあえず精密板金加工で対応する、というのも一手でしょう。精密板金加工の活用を検討する際は、ぜひプレス板金についてもセットで考慮してみてください。




この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
関連記事
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。

Twitter
Facebook
Instagram
YouTube

前の記事

第7回 板金加工【曲げ加工】の基礎やV曲げ加工について徹底解説!!

次の記事

【工業デザインと板金加工の設計に特化】株式会社アドライズのお仕事!

カンタン
見積り依頼