— シェアする —
facebookTwitterlink

アジャスターボルトの規格、耐荷重、種類

金属部品 | 2021年07月26日

facebookTwitterlink

今回は、アジャスターボルトの基礎知識について解説します。

アジャスターボルトは、作業台や機器などの脚に使う高さ調節に対応したボルトのことで、DIYでもよく採用されています。

アジャスターボルトは、重荷重用や傾斜用などの幅広い種類をラインナップしており、用途に合わせた製品を選ばなくてはなりません。また、安全に使用するためにも、耐荷重をチェックしておく必要もあります。


アジャスターボルトとは

引用元:株式会社旭押捻子製作所 アジャスターボルト

アジャスターボルトとは、「アジャストボルト」とも呼ばれる、自動販売機や作業台、計測機器などの足に取り付けるボルトのことです。材質は主にユニクロめっきや三価ホワイトなどの表面処理を施した鉄とステンレスを採用しています。

アジャスターボルトは、土台である受け皿に加えて、ボルトナットの機構を搭載しています。これにより水平や勾配を付けることが可能で、自在に高さ調節を行えます。

アジャスターボルトは、地面に段差がある場所での設置に適しています。通常、段差がある場所に機器を設置しようとすると、水平に設置できません。しかし、高さ調節が可能なアジャスターボルトを使えば、段差のある環境でも機器を水平な状態に保ちながら設置できます。

また、DIYで建物を傷つけずに柱を立てたり、ツッパリ棒代わりに使用して家具の転倒防止をしたりといった使い方をすることもあります。

アジャスターボルトの規格と耐荷重

アジャスターボルトは製品ごとに異なる耐荷重が設定されています。選定の際は、製品規格をよく確認して、使用機器や用途に合う十分な耐荷重を備えたボルトを選びましょう。

例えば1本あたりの耐荷重が500kgfだった場合、4本のアジャスターボルトで支えるとなると耐荷重の合計が4本×500kgfで2000kgfとなりますが、4本のアジャスターボルトに均等に荷重がかかるとは限りません。そのため、アジャスターボルトの選定の際は、安全のためにも余裕のある許容荷重の製品を選ぶ必要があります。

アジャスターボルトの種類

アジャスターボルトは、用途によってさまざまな種類をラインナップしています。

ここでは、代表的なアジャスターボルトをいくつかご紹介します。

重荷重用

引用元:ねじコンシェル.com アジャストボルト 重量物用

重荷重用のアジャスターボルトは、標準のアジャスターボルトに比べて、より耐荷重を向上させたタイプです。標準的受け皿タイプのほかに、床への接着面積を広くしたワイドタイプをラインナップしているものもあります。重荷重用のアジャスターボルトは、主に自動販売機や制御盤、機械設備などに採用されています。

アンカー固定用

引用元:ねじコンシェル.com アジャストボルト 固定用

アンカー固定用のアジャスターボルトは、台座部分にアンカーで固定するための穴が設けられています。アンカー固定用は、あと施工アンカーなどを用いて床面にしっかりと固定できるため、振動などによる機器の位置ズレを防止できます。

傾斜用

引用元:サン・ファスナー部品株式会社 傾斜面設置タイプ サンアジャストボルト PAT.P

傾斜用のアジャスターボルトは、ボルト部分が土台から自由に傾斜が付けられるタイプです。傾斜を付けられる詳細な角度は製品によって異なります。

標準のアジャスターボルトの場合、地面が水平でないと設置ができませんが、傾斜用であれば、多少傾斜のある地面でも機器を設置できるようになります。

アジャスターボルトの受け皿と固定金具

引用元:モノタロウ アジャスターボルトの特長

アジャスターボルトは、ボルトナットに加えて、ベースと呼ばれる受け皿部分で構成されています。使用する環境に応じて、すべり止めタイプや床面保護タイプ、振動止タイプなどのベースを使い分けます。なかには重荷重用でベースの接地面を広く設計したワイドタイプもあります。

引用元:MEKASYS アジャスタボルト用脚止め金具/プレート

また、アジャスターボルトは、オプション品として後付けで装着できる固定金具もあります。固定金具は、アンカーボルト固定用の穴を搭載しているほか、端部に六角レンチのような切り欠きが設けられています。固定金具をアジャスターボルトに装着することで、振動などのトラブルにより、高さ調整用ボルトが動くことを防止できます。

facebookTwitterlink
この記事を書いた人
<a href="https://catallaxy.me/" class="u-link-theme">株式会社Catallaxy</a>

株式会社Catallaxyは "未来の製造業をつくる" をミッションに掲げ、製造業における従来のサプライチェーン/バリューチェーンの刷新を目指しています。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

facebook followtwitter follow
おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2021年02月22日
SS400とS45Cの違いを徹底解説【専門家が語る】製品による使い分け

SS400とS45Cの違いを徹底解説【専門家が語る】製品による使い分け

2019年07月29日
関連記事
  • プランジャーの役割、種類、特徴、用途
    • プランジャー
    • ボールプランジャー
    プランジャーの役割、種類、特徴、用途
    2021年08月02日
  • グリスニップル(グリースニップル)の規格、種類、構造
    • グリスニップル
    • 注入口
    グリスニップル(グリースニップル)の規格、種類、構造
    2021年07月22日
  • 六角ナットの規格、種類、特徴、用途
    • 六角ナット
    六角ナットの規格、種類、特徴、用途
    2021年07月21日
人気記事ランキング