— シェアする —
facebookTwitterlink

鉄板のカットが得意な工場3選!個人での鉄板カットのやり方についてもご紹介!

金属加工工場 | 2021年04月22日

facebookTwitterlink

鉄板をつかってDIYしたり、製品を作りたい場合には、鉄板のカットが必須になるでしょう。鉄板をカットするには、専用のハサミや電動工具が必要になります。

ただ、鉄の種類や切断できる板厚を理解しておかないと、効率よく作業が進まないことが多いようです。また、曲線や異形などの難しいカットをする際には、レーザー加工機などがある工場へ依頼するのがおすすめです。

そこで今回の記事では、鉄板カットが得意な工場を3つご紹介します。外注するのではなく、自宅で鉄板カットする場合のやり方についても解説するので、チェックしてください。

鉄板の種類

鉄板カット方法を知る前に、鉄にはどのような種類があるかご存知でしょうか。鉄の種類によって素材の値段や、外注費用が変わってくるため、事前に何があるか把握しておくのがおすすめです。


SPHC

熱間圧延鋼板と呼ばれる種類の鉄板がSPHCです。熱を加えて圧延するために、表面が酸化する特徴があります。若干硬度は低いため、電子機器や自動車のサスペンション部分などに用いられます。自宅でDIYするのであれば、比較的切断しやすいのでおすすめです。

一般的な板厚は、1.2mm~14mmです。


SPCC

SPCCは、鉄素材の中でも特に使用されることが多い種類です。SPCCは冷間圧延綱板のことで、非常に柔らかくプレス加工や曲げ加工におすすめの素材です。主な用途としては、自動車の部品やワッシャーなどに使用されています。

一般的な板厚は0.4mm~3.2mmです。


SS400

一般構造用圧延鋼板と呼ばれる鉄がSS400です。SS400の鉄は非常に柔らかく、加工しやすいのが特徴です。素材の価格も安いので、さまざまな製品に使用され、個人でも扱いやすいでしょう。1mm~10mmが一般的な板厚です。

参考:鉄板の板厚選びならこのページだけで解決!材料別に解説!


個人での鉄板カットのやり方

自宅で鉄板カットをするには、主に4つの方法があります。

自宅て鉄板カットをする方法

  • ノコギリ・ハサミ

  • ディスクグラインダー

  • バンドソー

  • 高速切断機

この4つがあれば、初心者の人でも簡単に鉄板のカットが可能です。

では、それぞれ工具の使用方法や切断できる鉄板の板厚について解説していきます。


金属用ノコギリ・ハサミ

個人で鉄板をカットするには、金属用のノコギリやハサミを使う方法があります。

金属用ノコギリやハサミであれば、鉄板を簡単にカットでき、曲線や円形のカットも行いやすいです。グラインダーやバンドソーの電動工具と比べて、比較的値段も安く手に入りやすい工具です。

ただ、カットできる鉄板の暑さは1mm以下の場合が多いです。1mm以上であれば、グラインダーやバンドソーのほうが楽に切れるでしょう。


ディスクグラインダー

ディスクグラインダー(サンダー)は、小型の円盤型砥石を高速で回転させることで、金属を切断したり、削ったりできる電動工具です。金属を使ってDIYをする人は、持っておきたい工具のひとつでしょう。

ディスクグラインダーを使えば、1~3mm程度の鉄板なら個人でも切断可能です。注意点として、ディスクグラインダーで切断すると火花や粉じんが出ます。使用時には、保護メガネや防じんマスク、革手袋などを使用しましょう。


バンドソー

バンドソーは、帯状にしたノコギリの刃を高速で回転させて金属をカットする電動工具です。バンドソーの特徴は、グラインダーや高速カッターのように、刃が高速で回転しないので、火花が出にくく切断面が綺麗になる点です。

自宅で使う分には、「ポータブルバンドソー」という工具がおすすめです。鉄板なら厚さ1~3mmほどが加工できるでしょう。


高速切断機(高速カッター)

円盤状の大型砥石を使用して、鉄板や丸棒などをカットしていく電動工具です。厚さ5mm以内の鉄板であれば、問題なく切断できるでしょう。円盤状の砥石を使うのはディスクグラインダーと同じですが、高速切断機は地面やテーブルの上などに固定して使用します。そのため、曲線などのカットは難しいでしょう。また、高速切断機で鉄板をカットすると火花や粉じんが出ます。使用する場合は、保護メガネや防じんマスクの着用をするように気をつけてください。


鉄板をカットする際の注意点

初心者が鉄板を個人でカットする場合には、工具にもよりますが板厚は1〜5mmが限界でしょう。

また、グラインダーや高速切断機などの電動工具を使用する際には、革手袋をつけることがおすすめです。軍手などの布製の手袋だと、回転物に巻き込まれて怪我をする可能性があります。

そのため、可能であれば革手袋などを使用して、怪我をしないようにしましょう。


鉄板カットのおすすめ工場3選

個人でカットできないような板厚を加工する場合には、工場に依頼しましょう。初めて外注する場合にはどのような工場へ依頼すればいいかわからない方も多いと思います。

そこでMitsuriがおすすめする鉄板カットが得意な工場を3選ご紹介します。


株式会社江渕工業所

引用元:株式会社江渕工業所

①会社概要

本社:兵庫県姫路市大津区天神町2丁目11

TEL:079-236-0492  /FAX:079-237-3613

創業年:昭和42年

加工内容:鉄・ステンレスなどの精密製缶、精密板金加工

URL:https://ebuchi.jp/

②会社紹介

精密製缶、精密板金加工として創業50年の歴史がある兵庫県の老舗企業が株式会社江渕工業所。多品種少量生産を中心としており、ステンレス加工が得意です。図面がなくても、見本品や段ボール工作などの見本からも依頼できます。

③メリット・デメリット

最新のCO2レーザー加工機を導入しているため、鉄やステンレスなどの金属を綺麗にカットできます。金型やプレス機、工業用帯ノコ盤などの加工機が多数あり、図面からの書き起こしも可能です。

注意点として、大型製品の加工には対応していない可能性があります。依頼する場合には、中型以下で少数の依頼がおすすめです。

④製品紹介

(昇降カバー)

(架台)

(カバー)


日本プレート精工株式会社

引用元:日本プレート精工株式会社

①会社概要

本社:滋賀県栗東出庭478-5

TEL:077-553-9867  /FAX:077-553-9868

創業年:昭和41年

加工内容:鉄やステンレスなどの金属加工

URL:https://nps1.jp/

②会社紹介

企業からの依頼だけでなく、個人や大学・研究機関からの依頼もできる金属加工業者が日本プレート精工です。メール対応が3時間以内と非常に早く、製品や加工状況によっては当日納品も可能。受注から納品までの工程を自社工場による一括製造としているため、リピート受注にも柔軟に対応しています。

③メリット・デメリット

一品ものや小ロット品専門の金属加工業者として、鉄板カットだけでなく切削加工や溶接加工、塗装加工などさまざまな加工を得意としています。そのため、オーダーメイド品の依頼も短納期で対応してくれるメリットがあります。

ただし、小ロット専門の加工業者のため、大量生産には対応していない可能性が高い点に注意してください。

④製品紹介

(送風乾燥ノズル)

(アルミ製パンチングトレイ)

(美容室看板)


有限会社ユナイテッド工業

引用元:有限会社ユナイテッド工業

①会社概要

本社:群馬県吾妻郡中之条町大字西中之条251-1

TEL:0279-75-5159  /FAX:0279-75-5195

創業年:平成9年

加工内容:板金加工、プレート加工

URL:http://www.unitet.co.jp/index.html

②会社紹介

精密板金加工を主とした、金属加工を中心に行なっており、大量生産から1点物の受注まで幅広く行えるのが有限会社ユナイテッド工業です。平成9年創業と、社歴は比較的浅めですが、最大3,000×1,500mmの鉄板をカットできるレーザー加工機を取り揃えており、さまざまな要望に対応できます。

③メリット・デメリット

鉄板カットであれば厚さ1〜9mmのものに対応できます。単品加工品も得意としており、図面がない場合でも、手書きのデッサンや加工用途などを伝えると、図面起こしから行ってくれます。

ただ、保有設備や作業人数が比較的少ないため、工場側が忙しい場合には納期が遅れる可能性があります。

④製品紹介


(鉄板カット)

(鉄板カット)

(鉄板カット)


鉄板カットの見積り依頼ならMitsuri

今回は鉄板カットの方法や鉄の種類などについて解説してきました。鉄は種類によって硬度や使用用途が異なるので、個人で鉄板カットをする場合には注意が必要です。電動工具を使用する場合には、革手袋、保護メガネなどを着用して、怪我対策もきちんと行っておきましょう。

少し大きめの鉄板や板厚が5mm以上あるものは工場へ依頼するのがおすすめです。しかし、工場へ依頼する場合、どのようなところに依頼すればいいかわからないという方もいらっしゃると思います。

Mitsuriでは、日本全国250社以上のメーカーとお付き合いがあります。鉄板カットをどの工場へ依頼するか迷っている方は、完全無料で複数社から一括見積が可能なMitsuriに、ぜひご相談ください!

facebookTwitterlink
この記事を書いた人
株式会社Catallaxy

株式会社Catallaxyは "未来の製造業をつくる" をミッションに掲げ、製造業における従来のサプライチェーン/バリューチェーンの刷新を目指しています。記事内容に関するお問い合わせはこちらへ。

facebook followtwitter follow
おすすめ記事
SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

SUS304とSUS430の意味とは? 使い分けや特徴も分かりやすく解説!

2019年02月01日
溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

溶接記号の一覧【基礎講座】溶接指示を徹底理解!種類と書き方をマスターしよう

2021年02月22日
【チタンの特徴と用途とデメリット】チタンは他の金属とどう違うのか

【チタンの特徴と用途とデメリット】チタンは他の金属とどう違うのか

2021年02月08日
関連記事
  • 【短納期での板金加工を依頼するなら!】技術力高い金属加工工場5選!
    • 短納期
    • 金属加工
    【短納期での板金加工を依頼するなら!】技術力高い金属加工工場5選!
    2020年06月12日
  • アングル材の曲げ加工のおすすめ工場3選!アングル材に関しても解説!
    • 曲げ加工
    • アングル
    アングル材の曲げ加工のおすすめ工場3選!アングル材に関しても解説!
    2020年06月02日
  • スチール加工(鉄加工)のおすすめ工場3選!加工事例もご紹介!
    • スチール加工
    スチール加工(鉄加工)のおすすめ工場3選!加工事例もご紹介!
    2020年05月14日
人気記事ランキング