【レーザー加工に特化】有限会社ケイエスレーザ加工の仕事

コラム

インタビュー
人材育成
レーザー
実務
【レーザー加工に特化】有限会社ケイエスレーザ加工の仕事

有限会社川崎製作所さまより、レーザ加工に特化した面白い会社があるとご紹介させていただきました。

有限会社川崎製作所インタビュー記事はこちらから。


有限会社ケイエスレーザ加工

メタル板をレーザ加工して板金加工メーカーに届ける。

100社以上の取引先を持つ都内でも珍しい企業さま。

今回は、代表取締役 清水康介氏にお話を伺ってきました。


快く取材を引き受けていただき、ありがとうございます。まずは、御社の事業内容や強みを教えてください。

清水氏

はい。
弊社は、1998年に設立のレーザ加工専門の会社になります。
レーザ加工に特化しておりますので、鉄鋼はもちろんのこと、ステンレス、アルミ、銅、真鍮など非鉄鋼の材料もきれいに仕上げて、お客様に納品することができます。
厚みでいいますと、0.1mmから扱っておりまして、軟鋼であれば最大で22mmまで対応しています。
特注品や試作品などの小ロットのご依頼にも対応しております。
弊社は、もともと材料屋から始まったという沿革があります。そこから、レーザ加工に特化していく事業を展開していったという経緯があります。

ありがとうございます。材料屋さんについてお伺いさせてください。

清水氏

基本的に、町の材料屋さんというものがあります。弊社の前身もそのような町の材料屋さんでした。
浦安に鉄鋼団地というものがあります。
何百という会社がひしめいて、様々な鉄鋼を扱っています。
そこが鉄鋼流通の拠点となっていて、町の材料屋さんに鉄も含めた金属が流れてきますね。
浦安の鉄鋼団地は、2トンとか大きなロットで材料屋さんに販売している。
材料屋さんは、その大きなロットのものを小分けにして、弊社も含めた金属加工の業者に納入しているんですね。
弊社が、取引をしている材料屋さんが、鉄板なら鉄板を細かく一枚や二枚から販売してくれる。大体そのようなお仕事をされていますね。

なるほど。レーザ加工に特化するということで、どのような付加価値を板金加工メーカーさまに提供されているのでしょうか。

清水氏

一言でいえば、板金屋さんで対応できない加工を実現しているということですね。
一番多いのは、厚い板です。板金屋さんがよく持ってらっしゃるタレパン。
金型で板を抜く機械なのですが、大体3.2mmくらいまでの厚さが限界です。
それ以上の厚みになると、どうしてもレーザで対応しなければならなくなってきます。
4.5mm~6mmくらいの厚さのものの依頼をよくいただきますね。
金型ではなく、レーザで加工すると反りもでませんし。そういうところの付加価値でお喜びいただいていると思います。
大体100~150件のお客さまと常時おつきあいがあります。

工場の風景

レーザ加工機を持っている板金加工メーカーもあると伺っています。板金加工のレーザとケイエスレーザさまのレーザではどのような違いがあるのでしょうか。

清水氏

まず、レーザ加工機は場所をとりますね。
それで持っているところと持っていないところがある。
それから、やはりレーザ加工機自体が高いです。
安くても数千万します。
場所や金額のことを考慮に入れて、レーザを扱う仕事がたくさんあればいいのでしょうが、なかなかそういうわけにもいかないですよね。
ですから、その辺りのことを勘案して、自前で持たずに弊社のような会社に依頼をいただくケースが多いですね。

それから、レーザ加工機を持っている板金屋さんから仕事がくることもあります。
というのも、板金屋さんの持っているレーザ加工機と弊社のレーザ加工機では、能力が違うんですね。
板金屋さんが持っているレーザ加工機は、タレパンで切れないものを切るくらいの能力のことが多いです。
弊社では、22mmの鉄鋼までに切ることができます。
板金屋さんが、そのような厚みを扱うことはまずないですよね。
例えば、板金屋さんがステンレスを扱う場合には、6mmくらいまで。
それ以上のものであれば、加工できませんので、弊社に仕事のご依頼をいただくという形ですね。

なるほど。素朴な疑問なのですが、板金加工メーカーさまはなぜ自社で扱えないような加工を引き受けるのでしょうか。

清水氏

板金屋さんは一種の窓口になっているんですね。
自社で対応できない加工であっても、自社と提携していたり信頼できる仲間に仕事を回すということがあります。
単純に、自社にできないものを断っていたら、メーカーさまから仕事が来なくなってきてしまうでしょうね。
ですから、レーザの案件に限っていえば、弊社に外注という形で仕事をまわしていただいている。
板金屋さんは、独自のネットワークを持っていて、そこで仕事をうまく回しあってやっている。
板金屋さんといっても、千差万別でそれぞれ強みが違います。コストや品質と自社の強み。
それぞれを勘案して、自社でやる場合もあれば、仲間に外注という形で仕事を依頼することがあるようですね。

ありがとうございます。先ほど材料屋から始まったというお話がありました。現在に至るまでの沿革についてお伺いさせてください。

清水氏

もともとは、材料とレーザ加工を営む会社でした。
材料屋だったところを、40年くらい前からレーザを導入して。
時代的に見ても、かなり早い時期に導入したかと思います。
シャーリングだけでは、満足できないというお客さまからのニーズがあったんですね。
そこが一旦事業を畳みまして。
そこを、私の父がレーザ加工に特化した会社として、98年に設立したんですね。それが今の会社になります。

オフィス風景

KSレーザ加工というオーダーメイド加工の事業を展開されているかと思います。立ち上げられた経緯をお伺いさせてください。

清水氏

こちらの事業は大きく伸びているというものではないのですが(笑)
実際に立ち上げたのは、2年ほど前です。
個人向けの事業をやってみようと思いまして、東京都商工会連合会の補助金を活用させていただきました。
個人のお客さまからの注文もありますが、このホームページを見て看板屋さんからお仕事の依頼をいただいたこともあります。
他には、装飾品関係のお仕事をされている方からもお問い合わせがありました。
オフィスやホテルなどに置くような装飾品を扱う会社さまですね。

ありがとうございます。少し大きな話になってしまうのですが、板金業界の課題について教えてください。

清水氏

板金業界の外から見た立場からしかいえませんが、やはり技術継承の問題が大きいと思います。
基本的な工作機械の操作自体は、あまり問題はないでしょう。
ただ、溶接などの、どうしても個人の手が介在しなければならないような仕事がありますよね。
板金の仕事をする上で、避けて通れないものがたくさんある。
そのような仕事にかかわる技術の継承を、きちんとしていかなければいけませんよね。
板金だけではなくて、製造業全体の課題でもあるかと思いますが。
様々な板金屋さんとおつきあいをしている中で、技術の継承をしっかりやろうとしているところ、あまり考えていないところというのはわかります。
若い人たちがきちんと現場にいて、活気があるところ。
そういうところは、見ていて安心しますね。

清水康介氏

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
関連記事
Mitsuri編集部
Mitsuri編集部

Mitsuriは、お客様に寄り添い、製造プロセスに関わる課題をトータルに解決する「お客様の最適な生産活動を達成するコーディネーター」です。

Twitter
Facebook
Instagram
YouTube

前の記事

小川製作所と小川真由という男

次の記事

ISO認証とは?メリット・デメリットも合わせて分かりやすく解説!

カンタン
見積り依頼